日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > ボタンを押したら“放っておける”革新的な鍋の秘密  > 4ページ目
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

ボタンを押したら“放っておける”革新的な鍋の秘密

第2回 シャープ 「ヘルシオ ホットクック」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

塩気も甘さも控えめの優しい味

 前回の無水カレーに引き続き、いくつかヘルシオ ホットクック付属のレシピ集に掲載されているメニューを作ってみた。

ホットクックで作った「豚バラ大根」。約15分でできあがる
ホットクックで作った「豚バラ大根」。約15分でできあがる

 まずはホットクックの売りである「まぜ技ユニット」を活用する「豚バラ大根」だ。いちょう切りした大根と豚バラ薄切り肉、お酒にしょう油、砂糖、ごま油を入れてセットし、調理をスタートする。あとは放っておくだけで、約15分でできあがる。大根300gと豚バラ肉100gに対し、お酒、しょう油、砂糖それぞれ大さじ2程度と、調味液はかなり少ない。当然水位線などは全く見えないレベルだ。

 しかし15分経つとしっかりとできあがり、ちょうどいい具合に汁に浸っている状態になっていた。大根は少し硬めだったが、それは今回使った大根自体が少し硬めだった(その後で味噌汁用にお湯でゆでたが、なかなか柔らかくならなかった)からのようだ。できたては味もあまりしみこんでいないが、保存容器に移して冷蔵庫で一晩冷やしたらしっかりと味がしみこんでいた。サッと作って保存するといった使い方もできそうだ。

ホットクックで作った「肉じゃが」。約35分でできあがる
ホットクックで作った「肉じゃが」。約35分でできあがる

 続いて「肉じゃが」に挑戦。肉じゃがはほどよい煮崩れ感が魅力だが、あまりに崩れてしまうのもよくない。こちらも無水調理で、4人分の場合はじゃがいも450g、タマネギ400g、にんじん100g、牛バラ薄切り肉200g(今回は豚肉を使った)に対し、お酒・しょう油ともに大さじ4、砂糖大さじ3、みりん大さじ2と、水分はやはりかなり少ない。

 セットしてスタートすると、約35分でできあがる。こちらも豚バラ大根と同様、ちょうどいい具合に煮汁ができあがっていた。肉じゃがは手軽でおいしい料理の代表格みたいなものだが、セットしてボタンを押すだけならさらにお手軽に楽しめる。

 どちらも試食して感じたのが、味がとても優しいということだ。筆者は食材の有無などでレシピを適当にアレンジすることも多いが、今回はしっかりと計測して付属のレシピ通りに作ってみた。「ヘルシオ」ブランドでヘルシーをうたっているだけあって、塩分も甘みも控えめに感じる。かといって、いかにも健康メニュー的な薄味というわけではない。上品な味付けという印象を受けた。

 同じく無水調理でまぜ技ユニットを使用しない「かれいの煮付け」も試してみた。こちらはかれいの重さまでしっかり計測しなかったためか、少し薄味過ぎる印象があった。

「八宝菜」にも挑戦してみた。セットしたら、約15分待つだけで出来上がり
「八宝菜」にも挑戦してみた。セットしたら、約15分待つだけで出来上がり

 さらに「八宝菜」にも挑戦。こちらは2人前で肉・魚介類150g、緑黄色野菜200g、白菜200gに対し、調味液は薄口しょうゆ 大さじ1/3、お酒 大さじ2程度。片栗粉大さじ1を上からまぶしてセットする。普段筆者が2人前の八宝菜を作るときは片栗粉大さじ2~3、水を200mlは使う(ただし白菜ではなくキャベツを使用)ため、その分量の違いには驚いた。

 実際にできあがった八宝菜は、筆者が普段作るものに比べてあんかけが少ないものの、しっかりとうまくできあがった。八宝菜も慣れると簡単に作れるものだが、セットして約15分待つだけというのは本当に楽に感じられた。

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.