日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > 5万円もする鍋が人気! 「簡単すぎて料理の腕が上がらない」電子鍋とは?
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

5万円もする鍋が人気! 「簡単すぎて料理の腕が上がらない」電子鍋とは?

第1回 シャープ 「ヘルシオ ホットクック」(前編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

今、“健康家電”が盛り上がりを見せている。日本の人口の高齢化は待ったなしで進んでおり、ミドル以上の健康志向もこれまでになく高まっている。そんな“健康意識層”に向けて、各社が競うように新製品を投入している。そこで本連載では、「健康」をテーマに最新の家電製品の魅力に迫る。初回に登場するのは、「簡単すぎて料理の腕が上がらない」と言われる無水調理鍋だ。

 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン――。“家電”はどのメーカーの製品を買っても大した違いはない。そう思っている人が多いかもしれない。確かに、テレビに代表される“黒物家電”は、各社の製品の違いが目立たなくなっている。だが、“白物家電”と呼ばれる生活家電分野は違う。この分野ではここ数年、大きな地殻変動が起こっている

 例えば、「ルンバ」に代表される掃除ロボットはここ数年で一気に各家庭に広まった。10万円超の超高級炊飯器を各社がラインアップするようになったのもここ数年の出来事だ。また、これまでにないユニークな製品も続々と登場している。例えば昨年、バルミューダという家電ベンチャーが出した2万円を超えるトースター「The Toaster」が人気を博したのをご存じの方も多いだろう。

 そんな盛り上がりを見せる白物家電で、特に注目なのが「体力維持・増進」や「食生活改善」「ダイエット」「睡眠改善」などさまざまな角度から健康を志向した“健康家電”だ。日本の人口の高齢化は待ったなしで進んでおり、ミドル以上の健康志向も今までになく高まっている。そんな“健康意識層”に向けて、各社が競うようにユニークな製品を続々と投入している。

 そこで本連載では、「健康」をテーマに最新の家電製品の魅力に迫っていきたい。

5万円もする鍋が人気、そのワケは?

ヘルシオ ホットクックKN-HT99A。「電気調理鍋」の一種で、水を加えずに調理する「無水調理」が可能。実売価格は4万8000円前後(4月末時点)
[画像のクリックで拡大表示]

 連載の初回に登場するのがシャープの「ヘルシオ ホットクック」。驚くほど簡単に煮込み調理ができる「無水調理鍋」だ。

 健康に気を使っている人の中には、「タジン鍋」などのように水を加えずに調理する「無水調理鍋」を愛用している人もいるのではないだろうか。食材の水分だけで調理できるタジン鍋は、食物の栄養をもらさず摂取できるうえ、油の使用も控えられるなどのメリットもあり、ここ数年人気を得ている。

 これを家電で実現し、しかも“無水”だから焦げやすくなるところを、「混ぜながら煮る」ことで焦げずに調理できるのがホットクックの大きなポイント。食材を入れてセットしたら、後は放っておくだけで料理が完成するので、忙しい子育て家庭に優しく、しかも食材の栄養を余さず取れるという健康面でも嬉しいスグレモノだ。

 実際、筆者も試したが、ビックリするほどおいしいカレーが、材料を鍋に放り込むだけでできた。ある家電量販店の店員が、「あまりにも簡単なので、料理の腕が上がらないのが難点」と話していたが、それもあながちウソではないと感じている。

 このホットクックは実売価格で5万円弱と、決して安くはない。それにもかかわらず、機能性が受け、ホットクックは人気商品となっている。シャープによると、「おかげさまで大変ご好評をいただいており、計画比1.5倍で増産しています」(広報)という。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.