日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男の美容入門  > 男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ
印刷

男の美容入門

男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ

紫外線の増える5月以降、簡単にできる「3つの対策」とは?

 伊藤和弘=フリーライター

最近は“肌”を気にする男性が増えている。前回お伝えした通り、日経Gooday調査によると、30歳以上の男性の肌の悩みNo.1は「シミ」。2人に1人がシミを気にしていることが分かった。放置すると年々濃くなったり、厚みを増したりすることもあり、そうなるとますます気になるシミ。いったい、なぜシミはできるのか? どうすれば予防できるのだろう? 東京高輪病院形成外科の久野慎一郎さんにシミができる原因と予防策について聞いた。

顔のゴシゴシ洗いもシミの原因に

そのゴシゴシ洗い、ちょっと待った!(©Wavebreak Media Ltd 123-rf)

 「シミはメラニンの過剰な蓄積によってできます」と、東京高輪病院形成外科の久野慎一郎さんは話し始めた。

 「男性は化粧の習慣がないのでスキンケアに無頓着な人が多い。顔をゴシゴシこすって洗った後、タオルでゴシゴシ拭く。そのうえ保湿などのフォローもしないので、頬骨の出っ張った部分などにシミができる人も多いんです」

 うん、分かる分かる。顔をゴシゴシ洗うと気持ちいいんだよね。

 「強くこすることで肌に炎症が起きると、その刺激でメラニンが作られることがあります。その後、ケアもせずに炎症が長く続くと色素沈着し、シミになってしまう」と久野さん。顔を洗うときはふわふわに泡立てた石鹸の泡を顔に押し当てるようにするなど、なるべく肌に刺激を与えないよう「優しく洗う」。顔を拭くときはタオルを顔に押し当てるなどして「こすらずに拭く」。その後は、化粧水をつけてきちんと「保湿する」ことを心がけてほしい。

 そのように物理的な摩擦でできることもあるが、やはり「シミができるいちばんの原因は紫外線です」と久野さんは続ける。

紫外線によってメラニンが作られる

 昭和の時代には「日焼けしているほうが健康的」と言われたものだが、それは単なるイメージに過ぎない。今では多くの研究により、紫外線を浴びすぎると、シミ、シワはもちろん、皮膚がん、白内障など、健康に様々な影響があることがわかってきた。

 紫外線には波長320~400 nmのUVA(紫外線A波)と、波長290~320 nmのUVB(紫外線B波)がある

 UVAは皮膚の深層に働きかけ、肌の弾力の減少など、皮膚の老化現象を進める。メラニン色素の産生も促し、シミの原因にもなる。UVBもやはりメラニン産生を促し、日焼けやシミの原因になる。UVBはUVAより波長が短く、皮膚の深いところには届かないが、皮膚表面でのメラニン色素の産生促進作用は強いといわれている。

 紫外線が皮膚に当たると活性酸素ができて、細胞の遺伝子に傷がつく。すると表皮の角化細胞は色素細胞にメラニンを作らせる。大切な遺伝子を守るために、メラニンで紫外線をブロックするわけだ。

 肌を守るため良かれと思って出てきたのに、シミの原因になって主人から憎まれてしまう。考えてみれば、メラニンも可哀想なヤツじゃないですか。

 では、その可哀想なメラニンができないようにするにはどうすればいいのだろう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.