日経グッデイ

男の美容入門

男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ

紫外線の増える5月以降、簡単にできる「3つの対策」とは?

 伊藤和弘=フリーライター

最近は“肌”を気にする男性が増えている。前回お伝えした通り、日経Gooday調査によると、30歳以上の男性の肌の悩みNo.1は「シミ」。2人に1人がシミを気にしていることが分かった。放置すると年々濃くなったり、厚みを増したりすることもあり、そうなるとますます気になるシミ。いったい、なぜシミはできるのか? どうすれば予防できるのだろう? 東京高輪病院形成外科の久野慎一郎さんにシミができる原因と予防策について聞いた。

顔のゴシゴシ洗いもシミの原因に

そのゴシゴシ洗い、ちょっと待った!(©Wavebreak Media Ltd 123-rf)

 「シミはメラニンの過剰な蓄積によってできます」と、東京高輪病院形成外科の久野慎一郎さんは話し始めた。

 「男性は化粧の習慣がないのでスキンケアに無頓着な人が多い。顔をゴシゴシこすって洗った後、タオルでゴシゴシ拭く。そのうえ保湿などのフォローもしないので、頬骨の出っ張った部分などにシミができる人も多いんです」

 うん、分かる分かる。顔をゴシゴシ洗うと気持ちいいんだよね。

 「強くこすることで肌に炎症が起きると、その刺激でメラニンが作られることがあります。その後、ケアもせずに炎症が長く続くと色素沈着し、シミになってしまう」と久野さん。顔を洗うときはふわふわに泡立てた石鹸の泡を顔に押し当てるようにするなど、なるべく肌に刺激を与えないよう「優しく洗う」。顔を拭くときはタオルを顔に押し当てるなどして「こすらずに拭く」。その後は、化粧水をつけてきちんと「保湿する」ことを心がけてほしい。

 そのように物理的な摩擦でできることもあるが、やはり「シミができるいちばんの原因は紫外線です」と久野さんは続ける。

紫外線によってメラニンが作られる

 昭和の時代には「日焼けしているほうが健康的」と言われたものだが、それは単なるイメージに過ぎない。今では多くの研究により、紫外線を浴びすぎると、シミ、シワはもちろん、皮膚がん、白内障など、健康に様々な影響があることがわかってきた。

 紫外線には波長320~400 nmのUVA(紫外線A波)と、波長290~320 nmのUVB(紫外線B波)がある

 UVAは皮膚の深層に働きかけ、肌の弾力の減少など、皮膚の老化現象を進める。メラニン色素の産生も促し、シミの原因にもなる。UVBもやはりメラニン産生を促し、日焼けやシミの原因になる。UVBはUVAより波長が短く、皮膚の深いところには届かないが、皮膚表面でのメラニン色素の産生促進作用は強いといわれている。

 紫外線が皮膚に当たると活性酸素ができて、細胞の遺伝子に傷がつく。すると表皮の角化細胞は色素細胞にメラニンを作らせる。大切な遺伝子を守るために、メラニンで紫外線をブロックするわけだ。

 肌を守るため良かれと思って出てきたのに、シミの原因になって主人から憎まれてしまう。考えてみれば、メラニンも可哀想なヤツじゃないですか。

 では、その可哀想なメラニンができないようにするにはどうすればいいのだろう。

 答えは簡単。なるべく紫外線を浴びないようにすればいいのだ。

 特に今の季節は要注意だ。「紫外線の強さは7~8月がピークですが、5~6月もそれに匹敵するほどのレベルで、日や場所によっては真夏を上回ることもあるんです。特に朝の通勤時間は気をつけなければいけません」と久野さんは指摘する。

日最大UVインデックスの年間推移(2015年推定値、東京)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:気象庁「紫外線のデータ集」

皮脂の多い男の肌に必要なのは水分

 では、具体的な紫外線対策を教えてもらおう。

 久野さんによると、「基本は保湿と日焼け止め」だという。ポーラ化成工業が2009年に行った調査によると、男性の肌は女性に比べて皮脂量が3倍多く、水分量は半分しかない。

 「過剰な皮脂が原因で炎症を起こす人もいて、炎症はシミの原因となり得る。保湿をしないと、より皮脂が出やすくなります。特に最近のオフィスは乾燥しがちなので、保湿は絶対に必要です。高級な保湿剤は濃厚なものが多いので、慣れない人は抵抗があるかもしれない。今まで使う習慣がなかった人は、コンビニで買えるもので十分です」(久野さん)

 ①顔を優しく洗い、②保湿剤を使い、③それから日焼け止めを塗る、という流れだ。

 日焼け止めにはSPFという表示がある。これは「Sun Protection Factor」の略でUVBに対する防御力を示すもの。2~50の数値で表され、数値が高いほど効果が高く、例えばSPF30ならば紫外線のダメージを30分の1に減らす。つまり、30分浴びても素肌で1分浴びた程度のダメージに抑えますよ、という意味だ。ちなみに日焼け止めにはPA(Protection Grade of UVA)という表示もあり、こちらはUVAに対する防御力を示すもの。「+(プラス)」が多いほどUVA防御効果が高い。

 ただし、数字が多ければ多いほどいい、というものでもないから難しいのだな。

 「SPFが多いほど刺激も強く、肌に負担がかかる。デスクワーク中心で、紫外線を浴びるのは通勤と昼食のときぐらいという人ならSPF20~30くらいでいいでしょう」(久野さん)

生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日本化粧品工業連合会

屋外にいる時間が長い日は塗り直しも必要

 逆に外回りが中心とか、屋外で働く時間が長い人はSPF40~50にしてもいい。さらに、塗り直しも必要になってくる。

 「日焼け止めの効果は1日中続くわけでもないし、ずっと外にいれば汗で流れてしまいます。面倒だと思いますが、特に汗をかいたと思うときは、せめてお昼に1回くらいは顔を洗って塗り直してください。保湿剤も忘れずに」と久野さんはアドバイスする。

 外にいると粉塵なども多くなるが、保湿剤は皮膚の上に薄い膜を作ることで、それらの刺激も防いでくれる。お昼に顔を洗える場所を確保できない人は、ウェットティッシュを持参するといい。

 意外と日焼けしやすいのがトラックやタクシードライバーなど、車に乗っている時間が長い職業の人。1日中車に乗っていると、窓に近い側だけ日に焼けてしまうことも珍しくない。といって、そちら側だけに塗るのも逆にアンバランスな日焼けの原因になるので、ヘンに気を回さず、左右均等に日焼け止めを塗るのが無難だという。

 一般のビジネスパーソンにとって、最も注意が必要なのはテニスやゴルフなど、休日にアウトドアで活動を楽しむときだ。普段の保湿剤と日焼け止めに加えて、顔への直射日光を防ぐ帽子をかぶろう。頭皮に紫外線を浴びると毛髪の成長に影響するという説もあるという。サンバイザーよりも、しっかり頭全体をガードする帽子を!

忘れがちな手や腕にも日焼け止めを

 紫外線を浴びる時間が長いときは、顔だけではなく、露出した腕にも日焼け止めを塗ったほうがいい。顔と同じく、日焼けすれば当然シミもできやすいが、塗り忘れることが多い部位だ。

 「顔に比べて、手足の肌はターンオーバー(細胞の入れ替わり)が遅い。手足はいったんシミができると、治療してもきれいになるまでに時間がかかるし、跡も残りやすくなります」と久野さん。

 シミの原因は紫外線による活性酸素なので、抗酸化物質の多い緑黄色野菜をたくさん食べるのも有効だ。特にビタミンCはメラニンの色を薄くする還元作用が強い。

 最近、30~60歳の女性131人を対象にした調査から、コーヒーにもシミを予防する効果がある可能性が示された。コーヒーを1日3杯以上飲む人は顔のシミが少なかったのだ(Int J Dermatol. 2015 Apr;54(4):410-8)。クロロゲン酸というポリフェノールがメラニンを作りにくくするらしい(コーヒーとシミについては「コーヒー摂取で『気をつけるべきこと』は何か」もご参照ください)。

 では、すでにできてしまったシミはどうしたらいいのか?

 安心してください、消せますよ――。というわけで、明日(4月28日)は「シミの消し方」をお届けする!

久野慎一郎(くのしんいちろう)さん
東京高輪病院 形成外科 医師
久野慎一郎(くのしんいちろう)さん 1982年生まれ。神戸大学医学部卒業。リッツメディカルクリニック、東京大学医学部附属病院勤務を経て、2015年より現職。シミの予防と対策全般に詳しく、診療では生活習慣の改善指導も行う。