日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男の美容入門  > 男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ  > 3ページ
印刷

男の美容入門

男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ

紫外線の増える5月以降、簡単にできる「3つの対策」とは?

 伊藤和弘=フリーライター

屋外にいる時間が長い日は塗り直しも必要

 逆に外回りが中心とか、屋外で働く時間が長い人はSPF40~50にしてもいい。さらに、塗り直しも必要になってくる。

 「日焼け止めの効果は1日中続くわけでもないし、ずっと外にいれば汗で流れてしまいます。面倒だと思いますが、特に汗をかいたと思うときは、せめてお昼に1回くらいは顔を洗って塗り直してください。保湿剤も忘れずに」と久野さんはアドバイスする。

 外にいると粉塵なども多くなるが、保湿剤は皮膚の上に薄い膜を作ることで、それらの刺激も防いでくれる。お昼に顔を洗える場所を確保できない人は、ウェットティッシュを持参するといい。

 意外と日焼けしやすいのがトラックやタクシードライバーなど、車に乗っている時間が長い職業の人。1日中車に乗っていると、窓に近い側だけ日に焼けてしまうことも珍しくない。といって、そちら側だけに塗るのも逆にアンバランスな日焼けの原因になるので、ヘンに気を回さず、左右均等に日焼け止めを塗るのが無難だという。

 一般のビジネスパーソンにとって、最も注意が必要なのはテニスやゴルフなど、休日にアウトドアで活動を楽しむときだ。普段の保湿剤と日焼け止めに加えて、顔への直射日光を防ぐ帽子をかぶろう。頭皮に紫外線を浴びると毛髪の成長に影響するという説もあるという。サンバイザーよりも、しっかり頭全体をガードする帽子を!

忘れがちな手や腕にも日焼け止めを

 紫外線を浴びる時間が長いときは、顔だけではなく、露出した腕にも日焼け止めを塗ったほうがいい。顔と同じく、日焼けすれば当然シミもできやすいが、塗り忘れることが多い部位だ。

 「顔に比べて、手足の肌はターンオーバー(細胞の入れ替わり)が遅い。手足はいったんシミができると、治療してもきれいになるまでに時間がかかるし、跡も残りやすくなります」と久野さん。

 シミの原因は紫外線による活性酸素なので、抗酸化物質の多い緑黄色野菜をたくさん食べるのも有効だ。特にビタミンCはメラニンの色を薄くする還元作用が強い。

 最近、30~60歳の女性131人を対象にした調査から、コーヒーにもシミを予防する効果がある可能性が示された。コーヒーを1日3杯以上飲む人は顔のシミが少なかったのだ(Int J Dermatol. 2015 Apr;54(4):410-8)。クロロゲン酸というポリフェノールがメラニンを作りにくくするらしい(コーヒーとシミについては「コーヒー摂取で『気をつけるべきこと』は何か」もご参照ください)。

 では、すでにできてしまったシミはどうしたらいいのか?

 安心してください、消せますよ――。というわけで、明日(4月28日)は「シミの消し方」をお届けする!

久野慎一郎(くのしんいちろう)さん
東京高輪病院 形成外科 医師
久野慎一郎(くのしんいちろう)さん 1982年生まれ。神戸大学医学部卒業。リッツメディカルクリニック、東京大学医学部附属病院勤務を経て、2015年より現職。シミの予防と対策全般に詳しく、診療では生活習慣の改善指導も行う。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.