日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 有料会員限定  > 特集  > 12月特集のお知らせ
印刷

特集

12月特集のお知らせ

マイドクター会員にご登録いただきますと、以下の記事コンテンツがすべて読み放題。さらに! ここにある過去記事過去の特集記事すべて読み放題です。

記事の詳しい内容は画像の下をご覧ください
12月特集の詳しい内容
(C)Alexmit-123rf

【特集】太っていない人の異常値、どうすれば下がる?
公開しました!
「メタボリックシンドローム」を放置すると、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすことはよく知られるようになってきました。一方で、日本人を含む東アジア人には、「やせの生活習慣病」(肥満ではない人の生活習慣病)が多いことも知られています。こうしたタイプの人は、どうすれば高血糖や高血圧などを改善できるのでしょうか? 「筋肉の質」など、最新のキーワードを基に、具体的な対策を紹介します。

なぜ太っていないのに異常値に? 問題は「筋肉の質」にあった
「筋肉にたまった脂肪」は有酸素運動で燃やす!
太っていない人の高血圧、背景には遺伝や加齢も New!


(c) Ian Allenden - 123RF

【特集】 怖いもの忘れ、怖くないもの忘れ
公開しました!
年齢とともに増えてくる「もの忘れ」は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。とはいえ、自分は周りと比べてひどいのでは? と不安に思う人も多いでしょう。中には「ひょっとして認知症が始まったのか」と深刻に悩んでいる人もいるかもしれません。もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのか? 専門家に解説していただきました。

「もの忘れ」は怖くない!? 認知症リスクの高い50代の特徴とは?
もの忘れを改善するにはまず「睡眠」から! 脳をきちんと休めよう
老け込むのはまだ早い! 「定年になったら認知症」を回避しよう New!

【好評連載】竹谷内康修の
「腰首肩が楽になる 自分で治す! からだの痛み」
公開しました!

今月のテーマ:パソコン操作で「テニス肘」に!? 腕の痛みを根本から治そう

公開中の記事はこちらから
腰痛の8割は原因不明! だからこそ大切な“腰に優しい”椅子選び
正しく椅子に座れる「5ステップ法」で、簡単・楽に良い姿勢をキープ
間違いだらけのパソコン姿勢、「キーボードに手を伸ばす」はNG!
腰痛に効く! 座り仕事でこわばった筋肉を伸ばすストレッチ
そのスマホの見方は危険! 肩こり・首の痛みを甘く見てはいけない
「寝違え」の原因は寝相ではない! 首のトラブルを根本から解決
肩こり、パソコン、スマホが原因? 腕の痛み・しびれを自分で治す
パソコン操作で「テニス肘」「ゴルフ肘」に!? 痛みを根本から治そう New!

【好評連載】
チリツモ筋トレで人生を変える!
久野教授の「カラダの強化書」
公開しました!

今月のテーマ:ジムに行かなくてもできる! 健康長寿を目指す筋トレ厳選4メニュー

公開中の記事はこちらから
賢い人は自分の筋肉に投資する
最近つまずきやすくなったのは、筋肉が発しているSOSだった
メタボより怖い! 痩せにくく、筋肉が落ちてきた人は「サルコペニア肥満」予備軍
血管を軟らかくするたった1つの方法、有酸素運動の威力
健康長寿のために鍛えておくべき筋肉、第1位は?
ジムに行かなくてもできる! 健康長寿を目指す筋トレ厳選4メニュー New!


【好評連載】
山田悟の「糖質制限の誤解」 公開しました!

今月のテーマ:ロカボは本当に効果が出るのか?

公開中の記事はこちらから
私が「ロカボ」提唱者になった理由
氾濫する健康情報との向き合い方
「脂質を控えましょう」には意味がない!?
糖質のとり過ぎはなぜ悪い?
健診で血糖値が正常でも、「食後高血糖」で死亡リスクが上がる
恐ろしい「食後高血糖」、どう見つければいい?
ロカボは本当に効果が出るのか? New!

【期間限定】 医療ビジュアル解説書シリーズ
『ウルトラ図解 高血圧・動脈硬化』
New!

医療ビジュアル解説書シリーズ
『ウルトラ図解 高尿酸血症・痛風』
公開中!

ビジュアル満載の初心者向け医療解説書が読み放題のサービスを、会員限定・期間限定でご提供いたします。こちらも、ぜひご覧ください。

*本サービスは、法研の協力を得て、期間限定でウルトラ図解シリーズを、日経Goodayマイドクター会員限定で、ウェブ上で閲覧いただけるものです。内容は法研によるもので、掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。
*本サービスのデータは、パソコンやスマホにはダウンロードできません。

いちばんやさしい“医療とお金”講座
「私の医療費、払いすぎていない?」「差額ベッドって断れないの?」「民間医療保険は本当にお得?」――。医療とお金に関連するさまざまな疑問を分かりやすく解説する、“お財布にやさしい”記事です。

公開中の記事はこちらから
この春、紹介状なしの大病院受診は5000円から!
「お薬手帳」は持参しないと「損」をする
入院費が月に100万円! そんなとき頼りになる「高額療養費制度」
保険が利かない治療の自己負担を少なくするには?
市販薬を上手に使って節税する方法
進化するジェネリック薬をお得に取り入れよう
セカンドオピニオンの費用対効果は?
会社員が退職したら健康保険はどうなる?
その民間医療保険、本当に必要?
やっぱり必要? がん保険
病気で働けない! そんなときに備える「就業不能保険」
若くてももらえる「障害年金」、がんや糖尿病の一部も対象に
知っておきたい、介護保険のおカネの仕組み
急増する「サ高住」のお値段は?

必ず役立つ 治療と検査のプランX
医療機関でどんな治療や検査を受けるかは、医師任せになりがち。本当はもっと優れた治療法、検査法があるのに、その存在を患者側が知らなかったために、言われるがままの治療や検査を受けてしまうことは珍しくありません。医療は日々進歩しており、有効性や安全性、体への負担といった観点でメリットのある「新たな選択肢」も増えています。医師に相談する際に頭に入れておきたい、注目の治療法や検査法を紹介します。

公開中の記事はこちらから
内視鏡より楽に大腸がんをチェックできる「大腸3D-CT検査」
手術で治る高血圧「原発性アルドステロン症」
採血なしで測れる!新型血糖測定器「リブレ」
磁場による渦電流で脳を刺激、脳卒中リハビリの革命「TMS治療」
前立腺がん手術後の「尿漏れ」を解消する「人工尿道括約筋」
認知症を“発病前”に発見する「MCIスクリーニング」
年齢で選ぶ老眼手術、50代後半からは「多焦点眼内レンズ」挿入術を
“治りにくい歯周病”で実施したい「歯周病細菌検査」
難治性の耳鳴りを改善する「鼓室内注入療法」
半数以上が発毛! 重症の円形脱毛症に「局所免疫療法」
パーキンソン病治療の限界を克服する「小腸内投与」
7大がんのリスクが一挙に分かる「アミノインデックス検査」
オフシーズンこそ開始のチャンス! 「花粉症の舌下免疫療法」
「隠れぜんそく」を見つける「呼気NO検査」

専門医に聞く
「専門医に聞く」は、多くの方がお悩みになっている症状に対して専門の医師がずばり答える記事です。これまで取り上げた症例はこちらの「病気一覧」からご覧いただけます。

これまで取り上げた主なテーマ
首こり女性の薄毛尿路結石飛蚊症機能性ディスペプシア不眠症外反母趾白内障緑内障関節リウマチ その他、病気一覧はこちら

マイドクターは過去記事すべて読み放題
「やさしいがんの学校」森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」など 人気の過去連載のほか、これまですべての特集記事(2016年3月~今月まで)すべてが読み放題です。

【特別付録1】印刷して楽しめるPDFムック
「80歳まで走れる ひざ管理」 (公開中)
ランニングを始めた中高年の過半数が見舞われるという膝の故障。加齢や日本人の骨格的特徴で避けられない面もあるが、日頃からのトレーニングやケアでその大半は予防できると言います。膝の障害のメカニズムと予防法を専門医に聞きました。閲覧方法は次ページをご覧ください。

【特別付録2】印刷して楽しめるPDFムック
「健康寿命に効く! 基本の筋トレ」(公開中)
【大特集】「体も脳も若返る!健康寿命の延ばし方」の一企画としてPDFムックを公開。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【特別付録3】印刷して楽しめるPDFムック
「ビジネス人のためのランニングQ&A」(公開中)
忙しいビジネスパーソンのためのランニング指南。平日の練習方法は? 禁酒したほうがいいの? などなどランニングに関する疑問に専門家が答えます。閲覧方法は次ページをご覧ください。

【特別付録4】
金哲彦式ウォーキング術(公開中)
金哲彦さんによる大好評の「ウォーキング術」は会員限定付録として、いつでもご覧いただけます。閲覧方法は次ページをご覧ください。

【マイドクター】電話相談24
電話で、医師や看護師などの専門家に健康相談ができるサービスです。体調に関する悩みがある時や、通院を迷った時などに、電話で気軽に相談できます。「健康相談」と「医療機関案内」は24時間365日利用可能。2016年12月からは、新たに臨床心理士による「メンタルヘルス相談」がスタートしました!(平日午前10時~午後10時まで/日曜・祝日・年末年始は休み) ※ネット医師相談は2016年11月30日(水)をもちまして終了させていただきました


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.