日経Gooday TOP  > からだケア  > おなかの不調を改善する腸活エクササイズ  > しつこい便秘の原因は骨盤のゆがみだった!  > 3ページ目

おなかの不調を改善する腸活エクササイズ

しつこい便秘の原因は骨盤のゆがみだった!

骨盤のゆがみと腸の不調の知られざる関係

 近藤鈴佳=フリーライター

出っ尻タイプは便の切れが悪い、出っ腹はいきめない

 「内股の状態で立ってみると体感できるはずですが、その姿勢だとどうしてもお尻が後ろに突き出た“出っ尻”の姿勢になり、お尻の穴に力を入れようとしてもうまく入れられません。つまり年がら年中、出っ尻姿勢でいると、骨盤が前傾して肛門括約筋の働きが弱くなるんです。そのため、便の切れが悪くて残便感があったり、便を出したいときに出しづらくなったり、おならがカスカス出て思うように止められない、といったことになるんです」


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.