日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 特集  > 8月特集のお知らせ
印刷

特集

8月特集のお知らせ

 今月の「特集」の内容は以下の通りです。マイドクター会員にご登録いただきますと、以下の記事コンテンツがすべて読み放題です(ネット医師相談は月3回まで)。さらに! ここにある過去記事すべて読み放題です。ぜひ、会員登録して、これらのコンテンツをお楽しみください!

8月特集の詳しい内容
(©Ferli Achirulli-123RF)

睡眠のプロがセレクト! 夏の快眠に効果アリの新常識30選(公開中)
今年もまた寝苦しい夏がやってきました。眠れない夜をなくすにはどうしたらいいのか。編集部が集めた数十の“夏の快眠ノウハウ”の中から、睡眠の大家である日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授に真偽を尋ねました。「生活習慣」「食事・運動」「睡眠環境」のジャンル別にお届けしていきます。

就寝前の無理な入浴は不要、寝付き改善のカギは朝!
運動は朝より夕方以降、適度なアルコールはプラス
エアコンはつけっ放しでOK、体の冷やすポイントはここ!
敷きパッドは素材より構造に注目、快適なのはガーゼケット! New!

原因不明の胃の不調「機能性ディスペプシア」とは(公開中)
胃の不調が続くにもかかわらず、画像診断や血液検査では異常がみられない「機能性ディスペプシア」。診断・治療法が確立されつつあるこの疾患について、慶應義塾大学医学部医学教育統轄センター教授の鈴木秀和医師に聞きました。

原因不明の胃の不調「機能性ディスペプシア」とは
長引く胃の不調、治療の第一歩は「説明と保証」から
治療薬は「みぞおち痛タイプ」か「胃もたれタイプ」かで使い分ける New!

「ミスター」もこのリハビリを行っているという

必ず役立つ 治療と検査のプランX
今月のテーマ:脳卒中後の麻痺、半年の壁を超える「磁気リハビリ」 New!
注目の治療法や検査法を紹介する「治療と検査のプランX」。今回のテーマは脳卒中リハビリテーション。脳卒中は、発症直後の急性期と、症状が落ち着いてからの回復期で、病像が全く異なる病気です。治療の面でも、急性期はまず救命を目指すのに対して、回復期以降は体の機能障害をより回復させる「リハビリテーション」が中心になります。この分野に今、これまでの常識を覆す革命的なリハビリ技術が登場し、注目を集めています。

公開中の記事はこちらから
内視鏡より楽に大腸がんをチェックできる「大腸3D-CT検査」
手術で治る高血圧「原発性アルドステロン症」
採血なしで測れる!新型血糖測定器「リブレ」
磁場による渦電流で脳を刺激、脳卒中リハビリの革命「TMS治療」

いちばんやさしい“医療とお金”講座
今月のテーマ:市販薬を上手に使って節税しよう! New!
医療とお金に関連するさまざまな疑問について分かりやすく解説する、“お財布にやさしい”連載。今月は、普段使っている「市販薬」でいかに節税するか? その方法をお伝えします。

公開中の記事はこちらから
この春、紹介状なしの大病院受診は5000円から!
「お薬手帳」は持参しないと「損」をする
入院費が月に100万円! そんなとき頼りになる「高額療養費制度」
保険が利かない治療の自己負担を少なくするには?
市販薬を上手に使って節税する方法 New!

話題の「ポケモンGO」で歩数を倍増!
好評連載、原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」。今月は、話題のスマホゲーム「ポケモンGO」を取り上げます。ポケモンGOには人を外へ誘い出すシカケがあり、筆者が始めたところ1日平均1万歩前後から2万歩前後へと倍増したとのこと。今回は、健康促進につながるポイントと歩き続けたくなるようなゲーム攻略のコツを紹介します。

話題の「ポケモンGO」に秘められた“歩かせる魔力”とは?
話題の「ポケモンGO」、危険な「歩きスマホ」をせずに楽しむ方法は?

(©Rafael Ben-Ari -123rf)

つらい夏バテはこう乗り切る! New!
これだけ毎日暑い日が続くとどうしても体力は落ちて夏バテがやってくる。つらい夏バテをどう乗り切ればいいか、管理栄養士としてテレビ出演や書籍監修、講演活動など、幅広い分野で活躍する新生暁子さんに、食事を中心とした対処法を聞いた。

専門医に聞く
「専門医に聞く」は、多くの方がお悩みになっている症状に対して専門の医師がずばり答える記事です。毎週3本新しい記事が公開されており、これまで取り上げた症例はこちらの「病気一覧」からご覧いただけます。

テーマ/むずむず脚症候群
じっとしていられない「むずむず脚症候群」とは
実は難しい「むずむず脚症候群」専門医選び
つらい「むずむず脚」の9割は薬で治る

テーマ/首こり
「うつむき姿勢」が全身の不調の元凶
のぼせ、うつ病、頭痛が「首こり」を治せば解消される!?
首こりの予防はマッサージよりリラクゼーション

【特別付録】
金哲彦式ウォーキング術(公開中)
金哲彦さんによる大好評の「ウォーキング術」は会員限定付録として、いつでもご覧いただけます。閲覧方法は次ページをご覧ください

【マイドクター】ネット医師相談・電話相談24
パソコンやスマートフォンから、医師や看護師などの専門家に健康相談ができるサービスです。体調に関する悩みがある時や、通院を迷った時などに、ネットで気軽に医師へ質問や相談をすることができます。電話相談は24時間365日利用可能。年中無休、いつでも専門家が健康相談にお答えします。


特集の記事は、日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

この記事の概要

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.