日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 特集  > 3月特集のお知らせ
印刷

特集

3月特集のお知らせ

「新コンテンツサービス」が始まりました!

 日経Goodayでは、有料マイドクター会員向けサービスとしての医師相談に加え、医療と健康の最新実用情報の「新コンテンツサービス」を3月から開始しました。会員限定の「特別付録」を含む新コンテンツサービスの内容の詳細は以下の通りです。

 マイドクター会員にご登録いただきますと、ネット医師相談を除く以下の記事コンテンツが無制限でご覧いただけます(ネット医師相談は月3回まで)。ぜひ、マイドクターに会員登録して、これらのコンテンツをお楽しみください!

3月特集の内容紹介

記事の詳しい内容は画像の下をご覧ください
3月特集の詳しい内容

放置はNG! 高血圧
日本で4300万人が罹患する最多の生活習慣病、高血圧。40歳以上では2人に1人がかかる「ありふれた疾患」であり、痛みなどのつらい自覚症状も起こさないため、高血圧と診断されても治療を受けない人が少なくありません。しかし、高血圧を放置していると、脳卒中や心臓病、腎臓病、そして認知症にかかるリスクが跳ね上がります。この特集では、高血圧に関して知っておきたい医療情報を分かりやすく紹介します。

話題の健康ツール徹底検証
スマートフォンなどで使える新しい健康ツール。最近は、運動、食事、睡眠など、健康をテーマにしたものが増えています。このコラムでは、気鋭の人気ITライターが利用者目線で数週間かけて健康ツールを評価します。これまで15の健康ツールを取り上げましたが、今回は読者のタイプ別にご紹介。あなたにピッタリの健康ツールを見つけるのにお役立てください。

腰痛・ぎっくり腰の治し方
男女ともに不調の上位に挙げられる悩みといえば、「腰痛」。痛い! 重い! 動かせない…と、あなたの腰も悲鳴を上げていませんか? 働き盛りの腰痛は、大半が姿勢に問題あり。すぐにできるタイプ別簡単エクササイズで、本気の腰痛対策を始めましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

「週末断食」で体力と知力を取り戻す!(公開中)
昨年、有名俳優が実践したことで話題になった断食。芸能人だけではなく、スポーツ選手でも「本来のカラダ」を取り戻すために断食を行うことがあるといいます。では、ビジネスパーソンが無理のない範囲で行える断食はあるのか? その方法について解説します。

写真=竹井俊晴

インタビュー 石田純一さん new!(公開中)
妻・東尾理子さんとの間に第2子が生まれたことが話題になっている石田純一さん。じつは、石田氏は芸能界きっての「健康通」でもあります。普段から塩分摂取にもかなり気を使っているとのこと。その健康的な食事術や独自の体力維持法を語ってもらいました。

朝の塩分はほぼゼロ。外食でも、なるべく塩を入れないで…と
5キロのランニングとスクワットで太らない“高燃費”のカラダに
妻に幻滅されないために家庭でも“オトコ”をキープ

専門医に聞く
「専門医に聞く」は、多くの方がお悩みになっている症状に対して専門の医師がずばり答える記事です。毎週3本新しい記事が公開されており、これまで取り上げた症例はこちらの「病気一覧」からご覧いただけます。

【専門医に聞く】テーマ/白内障
ここをチェック!白内障手術の選び方
既往症がある場合、医療機関をどう選ぶ?
「多焦点眼内レンズ」で老眼鏡なしの生活に

【専門医に聞く】テーマ/前立腺がん
前立腺がんが「男性で最も多いがん」に
前立腺がん検査のメリットとデメリット
多岐にわたる「前立腺がん治療」の選び方

【専門医に聞く】テーマ/糖尿病
健康診断の「糖尿病疑い」は既に黄信号
糖尿病食事法の常識を変えた「ロカボ」
運動は、やればやるほど効果大
薬物療法は血糖値を下げる近道

[画像のクリックで拡大表示]

【特別付録】 目指せマイナス10歳ボディ!
金哲彦式ウォーキング術
金哲彦さんによる大好評の「ウォーキング術」を、プリンターで印刷してすぐに使える形式でご提供します。もちろん、画面上で見るだけでも十分活用できます。閲覧方法は次ページをご覧ください

【マイドクター】ネット医師相談・電話相談24
パソコンやスマートフォンから、医師や看護師などの専門家に健康相談ができるサービスです。体調に関する悩みがある時や、通院を迷った時などに、ネットで気軽に医師へ質問や相談をすることができます。電話相談は24時間365日利用可能。年中無休、いつでも専門家が健康相談にお答えします。


特集の記事は、日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

この記事の概要

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.