日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 特集  > 4月特集のお知らせ
印刷

特集

4月特集のお知らせ

 「特別付録 第2弾」を含む「特集」の内容は以下の通りです。マイドクター会員にご登録いただきますと、以下の記事コンテンツがすべて読み放題です(ネット医師相談は月3回まで)。さらに! ここにある過去記事すべて読み放題です。ぜひ、会員登録して、これらのコンテンツをお楽しみください!

4月特集の内容紹介

記事の詳しい内容は画像の下をご覧ください
4月特集の詳しい内容

実はあなたも「過敏性腸症候群」
過敏性腸症候群は、腹痛を伴う排便障害を特徴とする疾患です。女性は便秘、男性は下痢を起こすことが多く、発症にはストレスの影響が大きいとされます。消化器内科受診者の約3割を占めるほど身近な不調の一つでありながら、社会生活に支障を来すほどの深刻なケースもあるといいます。原因別に3つのタイプに分かれるため、確実に治療するためには、自分のタイプを知ってそれに応じた治療やケアを行うことが重要です。ここでは、原因別の対処法や有効なマッサージ法について解説します。

便秘も下痢も引き起こす「過敏性腸症候群」とは
ストレス性?腸の変形? 過敏性腸症候群の原因別治療法
「ねじれ腸」「落下腸」による便秘に効くマッサージ

7大がんの基礎知識
日本人の2人に1人が、一生のうちに何らかのがんにかかると言われている昨今。がんは決して他人事ではありません。ここでは、7つのがん(胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、血液のがん)について専門家にお話を伺い、分かりやすく解説します。ぜひ今一度、がんについておさらいをしておきましょう。

簡単にアンチエイジングできる
「インターバル速歩」完全ガイド

6200人の中高年者を対象とする実証実験によって、肥満解消、筋力アップ、高血糖や高血圧の改善などの効果が期待できるという「インターバル速歩」。その実践方法を、ムービー(動画)付きで詳しくガイドします。速歩に関する疑問点に答える「Q&A」、継続するための「7つの習慣」など、マスターしてもらえるように徹底的に解説します。

インターバル速歩で肥満解消、筋力アップ、血圧低下
【実践編】意外と疲れやすい早歩き…ペースを維持する3つのコツ
【実践編】インターバル速歩を快適に行うための6つのコツ
【最終回】インターバル速歩を継続するための5つの習慣とは?

いちばんやさしい“医療とお金”講座
「私の医療費、払いすぎていない?」「差額ベッドって断れないの?」「民間医療保険は本当にお得?」――。医療とお金に関連するさまざまな疑問について分かりやすく解説する、“お財布にやさしい”連載が今月から始まりました。

専門医に聞く
「専門医に聞く」は、多くの方がお悩みになっている症状に対して専門の医師がずばり答える記事です。毎週3本新しい記事が公開されており、これまで取り上げた症例はこちらの「病気一覧」からご覧いただけます。

テーマ/難聴・耳鳴り
早ければ30代後半から始まる「加齢性難聴」
いきなり襲いかかる「突発性難聴」は初期対応が肝心
女性に増える「低音の耳鳴り」の正体は?
慢性の耳鳴りを軽くする「呼吸法」とは

テーマ/アトピー性皮膚炎
いきなり発症! 増えている「大人のアトピー」
アトピー治療の基本薬「ステロイド剤」は怖くない
重症アトピー治療の切り札、免疫抑制剤と分子標的薬

テーマ/白内障
ここをチェック!白内障手術の選び方
既往症がある場合、医療機関をどう選ぶ?
「多焦点眼内レンズ」で老眼鏡なしの生活に

【特別付録】 目指せマイナス10歳ボディ!
金哲彦式ウォーキング術 第2弾
金哲彦さんによる大好評の「ウォーキング術」を、プリンターで印刷してすぐに使える形式でご提供します。もちろん、画面上で見るだけでも十分活用できます。閲覧方法は次ページをご覧ください

【マイドクター】ネット医師相談・電話相談24
パソコンやスマートフォンから、医師や看護師などの専門家に健康相談ができるサービスです。体調に関する悩みがある時や、通院を迷った時などに、ネットで気軽に医師へ質問や相談をすることができます。電話相談は24時間365日利用可能。年中無休、いつでも専門家が健康相談にお答えします。


特集の記事は、日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

この記事の概要

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.