日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 疲れのマネジメント術  > 寝てもとれない疲れの原因は「いびき」だった!その疲れの解消法は?  > 2ページ

疲れのマネジメント術

寝てもとれない疲れの原因は「いびき」だった!その疲れの解消法は?

疲労・睡眠専門の医師が語る「疲れ」と「いびき」の深い関係

 塚越小枝子=フリーライター

いびきをかく人は2000万人!?

 いびきがひどい場合には、睡眠中に無呼吸(呼吸が止まった状態)も頻発する。日中に極度の眠気があり、PSG検査で睡眠中の無呼吸と低呼吸を合計した回数(無呼吸低呼吸指数=AHI)が1時間あたり5回以上の場合、「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)」と診断される。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.