日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 疲れのマネジメント術  > 半年以上続くこの疲れ、もしかしたら「慢性疲労症候群」?
印刷

疲れのマネジメント術

半年以上続くこの疲れ、もしかしたら「慢性疲労症候群」?

見えてきた「慢性疲労症候群」と脳の機能異常の深い関係

 塚越小枝子=フリーライター

「だるい」「朝、起きられない」「休日にゴロゴロしても休んだ気がせず、疲れが残る」——気になる疲れの正体やその解消法を、疲労研究に25年以上携わる、関西福祉科学大学教授・倉恒弘彦さんに聞くシリーズ。第4回は、単なる慢性疲労とは異なる深刻な病態「慢性疲労症候群(CFS)」についてお伝えする。

原因不明の疲労が続く慢性疲労症候群

寝ても回復しない疲れが半年以上続く場合は慢性疲労症候群(CFS)の疑いも(©Adrian Hillman 123-rf)

 それまで健康に生活してきたのにある時から原因不明の強い全身倦怠感に襲われるようになり、疲労感とともに微熱、頭痛、筋肉痛、精神神経症状などが半年以上続いて社会生活にも支障をきたすほど――このような状態の人は、単なる慢性疲労とは異なる深刻な病態「慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome=CFS)」の可能性もある。

 1999年に厚生労働省研究班が実施した実態調査によれば、原因不明の疲労のために日常生活に支障をきたしている人は人口の2〜3%。そのうちCFSの診断基準(表1参照)を満たしている人――つまり6カ月以上持続もしくは再発を繰り返す慢性的な疲労を訴えており、かつ表1の前提I、II、IIIを満たす人――は0.3%いるという。

 「就労可能年齢(15〜65歳)を約8000万人とすれば、単純計算で24万人が慢性疲労症候群ということになります。近年は、10代で発症する小児CFSも不登校やひきこもりにつながるとして注目されています」(倉恒さん)

表1. 慢性疲労症候群(CFS)臨床診断基準*
[画像のクリックで拡大表示]
*2012年度厚労省CFS臨床診断基準(一部簡略化して記載)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.