日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 疲れのマネジメント術  > 半年以上続くこの疲れ、もしかしたら「慢性疲労症候群」?  > 4ページ
印刷

疲れのマネジメント術

半年以上続くこの疲れ、もしかしたら「慢性疲労症候群」?

見えてきた「慢性疲労症候群」と脳の機能異常の深い関係

 塚越小枝子=フリーライター

CFSを取り巻く現状と今後

 2015年、CFSについては米国で新たな動きがあった。米国医学研究所(IOM)により、「全身性労作不耐性疾患」(systemic exertion intolerance disease=SEID)という新しい疾患概念が提唱されたのだ。これはつまり、CFSの疾患概念・疾患名を変更し、診断基準も見直そうというものだ。この疾患は国民の健康を損なう重要な身体疾患であり、全米の神経内科医はこの診断・治療を行っていくべきという勧告も示された。

 「全身性労作不耐性疾患」の診断基準は、①疲労を中心とする体調不良が6カ月以上持続するために、社会生活に著しい支障をきたしている、②これまで問題なくできていた軽度の作業で著しく体調が悪化する、③熟睡感や回復感を伴わない睡眠――の3つの症状が必須条件としてあり、かつ、(1)認知機能の低下(思考力、集中力、記銘力の低下など)、(2)起立性調節障害(起立時に血圧低下、頻脈とともに、めまい、動悸、発汗異常などが起こる)のうち、どちらかを満たすものとされた。

 ただ、これについては賛否両論の意見がある。「国の機関がCFSを正式に身体疾患と認めて、今後取り組む姿勢を明確したことは大きな一歩であり、高く評価できます。しかし、診断基準をこのようにシンプルにまとめることで、多様な病態がSEIDに含まれてしまい、病気の本体が見えにくくなるリスクも指摘されています。まだ、統一見解はできていませんが、今後はSEIDの臨床診断基準が世界中で用いられることが予想されますので、日本においても対応できるように準備しておく必要はあります」(倉恒さん)

 日本でも、グローバルスタンダードの観点からSEIDの臨床診断基準を取り入れた臨床診断基準の作成が進められており、また2017年度には厚生労働省研究班からCFSの治療ガイドラインが発表される予定だという。さまざまな研究の成果をもとに、CFSの診断・治療、そして患者を取り巻く状況が、少しでも改善することを期待したい。

■「疲れ」に関する人気記事
・その疲れは「休め」のサイン!自分の疲労度をセルフチェック
・疲れ解消に効果のある7つの生活習慣と7つの成分
・あなたのその疲れも数値化できる!疲労の測定法はここまで進んだ
・「疲れてイライラするとき」の間違った対処法は?
・「太った」「痩せた」と疲れやすさの関係は?
・エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

倉恒弘彦(くらつね ひろひこ)さん
関西福祉科学大学健康福祉学部教授、東京大学特任教授
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

1987年大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。2003年より現職。同年より大阪市立大学客員教授。2009年より東京大学特任教授。厚生労働省「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班代表研究者、日本疲労学会理事などを務める。著書に『危ない!「慢性疲労」』(共著、NHK生活人新書)など。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.