日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 疲れのマネジメント術  > あなたのその疲れも数値化できる!疲労の測定法はここまで進んだ  > 3ページ目
印刷

疲れのマネジメント術

あなたのその疲れも数値化できる!疲労の測定法はここまで進んだ

わかってきた、疲れたとき体の中で起きている変化

 塚越 小枝子=フリーライター

疲れたときの体の変化(3)NK(ナチュラルキラー)活性などの免疫力が低下する

 ストレスや疲れに伴う免疫系の異常として、ナチュラルキラー(NK)細胞の活性の低下がよく知られている。NK活性はウイルスに感染した細胞の処理にも重要な働きをしており、この働きが低下するとウイルスに対して抵抗力が弱くなり、風邪を繰り返したり、感冒様症状が続いたりする原因となる。NK活性は血液検査で調べることができる。

 「NK活性などの免疫力を調べることで、ストレスや疲れに伴う体の変化を客観的に評価することができ、病気の診断や治療に役立つことがわかってきています」(倉恒さん)

疲れたときの体の変化(4) 活動量(覚醒度)が落ちる

 疲れてくると、仕事や歩行など1日のうちに行うさまざまな活動の量も落ちてくる。活動量の評価には多岐にわたる方法があり、1日の消費エネルギーなどでとらえることもできるが、睡眠時間や日中の居眠り、睡眠効率など睡眠覚醒リズムに関連する指標も疲労のバイオマーカーになる

 例えば「アクチグラフ」(米国A.M.I社)という腕時計タイプの睡眠覚醒リズム計測器がある。もともと米国で軍事用に開発されたもので、睡眠学研究者が国際学会の論文発表に利用したり、NASAの宇宙飛行士が利用している研究用機器だが、これを使えば覚醒時の居眠り回数や睡眠時の中途覚醒回数などが計測でき、1分間あたりの活動量がどの程度維持できているかを読み取ることができるという(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
腕時計タイプで小型ながらも精密な計測ができるアクチグラフ。左が従来から使われているマイクロモーションロガー型。右は簡易版の睡眠ウォッチマン型(画像提供:サニタ商事)
日中の自覚しない居眠りまで計測
[画像のクリックで拡大表示]
マイクロモーションロガー型の解析データ。覚醒時の居眠り回数(緑色の▲部分)や睡眠時(赤い線の部分)の中途覚醒回数などを計測、疲れていると1分間あたりの活動量が低下して居眠り状態が増えるという。「自覚してなくても脳波は居眠りの状態に落ちていることもあるんですよ」(倉恒さん)。(画像提供:サニタ商事)

疲れの状態を数値化して健康管理に生かす時代へ

 疲労を数値などで客観的に表すことができれば、さまざまな疲労回復法(詳しくは第2回「疲れ解消に効果のある7つの生活習慣と7つの成分」参照)について、本当に効果があるのか、どのくらいの効果なのかといったことを検証することが可能になる。

 先に触れた自律神経バランスの測定器については、現在、家庭用のものが開発中、アクチグラフも近々個人向けの販売が始まる予定だという。こうしたものが商品化されれば、家庭や公共施設・スポーツクラブなどで血圧を測るのと同じように、手軽に自律神経の状態や活動量(覚醒度)を計測できるようになる。近いうちに、疲れの状態を数値化して健康管理に生かすことが当たり前になる時代が来るかもしれない。

■「疲れ」に関する人気記事
・その疲れは「休め」のサイン!自分の疲労度をセルフチェック
・疲れ解消に効果のある7つの生活習慣と7つの成分
・「疲れてイライラするとき」の間違った対処法は?
・「太った」「痩せた」と疲れやすさの関係は?
・エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

倉恒弘彦(くらつね ひろひこ)さん
関西福祉科学大学健康福祉学部教授、東京大学特任教授
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

1987年大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。2003年より現職。同年より大阪市立大学客員教授。2009年より東京大学特任教授。厚生労働省「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班代表研究者、日本疲労学会理事などを務める。著書に『危ない!「慢性疲労」』(共著、NHK生活人新書)など。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.