日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 疲れのマネジメント術  > 疲れ解消に効果のある7つの生活習慣と7つの成分  > 4ページ
印刷

疲れのマネジメント術

疲れ解消に効果のある7つの生活習慣と7つの成分

アンチ疲労効果が検証された7つの成分とは?

 塚越 小枝子=フリーライター

みんなもやっているアレの抗疲労効果は?

 一般の人がどのような疲労回復法を行っているのか、倉恒さんたちが大阪府民1219人(15~65歳)を対象に行ったアンケート調査(※3)によると、最も多くの人が日常生活の中で疲労回復効果を実感しているのは「入浴」だった。

 「入浴はマッサージ効果と温熱効果が得られるので、通常の疲労の場合、高い疲労回復効果が期待できます。ただし、入浴にもエネルギーが必要なので、重度の疲労の場合はかえって疲れてしまうこともあります。自分の疲労の状態を見極めましょう」(倉恒さん)

 また、同調査で疲労回復効果が高いと思われたものは「笑い」「アニマルセラピー」「アロマセラピー(香り)」など。

 香りについては、ネズミに負荷を加えて疲れさせるとネズミの活動性が落ちてくるが、その疲れたネズミに緑の香りをかがせると活動量が増加するという研究報告や、サルに緑の香りをかがせて単純作業をさせると作業能率が落ちにくいという研究報告もある。疲労に伴い活動が下がってくる脳の前帯状回(ぜんたいじょうかい)という部分が活性化して、活動が下がりにくくなるという。

 「疲労の回復には、動物との触れ合いでも、香りでも、自分が好きなものでなければ効果はありません。色々な疲労解消法を試して、自分に合ったものを取り入れることが大切です」(倉恒さん)

 これまでは疲労のメカニズムはあまりわかっていなかったため、疲労回復方法の効果は、経験に基づいて判断するしかなかった。しかし、研究が進み、客観的に疲労を測るバイオマーカー(生物学的指標)も徐々に開発されてきた(詳しくは次回紹介)。これからは、酸化ストレスや自律神経などの状態を計測して、本当に疲労が回復しているのか効果を見ながら、自分に合った疲労回復法を見つけられる時代がやってくるだろう。それほど遠いことではなさそうだ。

●参考文献
※1 "Fatigue Science for Human Health", Watanabe, Y., Evengard, B., Natelson, B.H., Jason, L.A., Kuratsune, H., Springer
※2 「馬介在療法の科学的効果」(「畜産の研究」第65巻第1号 2011年)
※3 生活者ニーズ対応研究:疲労および疲労感の分子・神経メカニズムとその制御に関する総合研究より

■「疲れ」に関する人気記事
・その疲れは「休め」のサイン!自分の疲労度をセルフチェック
・「疲れてイライラするとき」の間違った対処法は?
・「太った」「痩せた」と疲れやすさの関係は?
・エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

倉恒弘彦(くらつね ひろひこ)さん
関西福祉科学大学健康福祉学部教授、東京大学特任教授
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

1987年大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。2003年より現職。同年より大阪市立大学客員教授。2009年より東京大学特任教授。厚生労働省「慢性疲労症候群に対する治療評価と治療ガイドラインの作成」研究班代表研究者、日本疲労学会理事などを務める。著書に『危ない!「慢性疲労」』(共著、NHK生活人新書)など。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.