日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > 麺がたった12kcal! 王道とイタリアンが同居する魅惑のラーメン店
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

麺がたった12kcal! 王道とイタリアンが同居する魅惑のラーメン店

第5回 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン(東京・市ケ谷)

 外川ゆい=フードライター

ラーメンは、多くの人に愛されているにもかかわらず、“不健康”なイメージがある。そんなラーメンがここ数年で変わりつつある。素材にこだわる店が増え、「健康に配慮した」ラーメンを出す店が増えているのだ。それに伴い“ラーメン女子”と呼ばれる女性客も急増中。そこで日経グッデイでは、健康志向ラーメンの最新トレンドをいち早く取り上げ、東京で今話題のラーメンを提供している店を1軒ずつ紹介していく。最終回となる今回紹介するのは、イタリアン出身のシェフが提供するラーメン店。王道の塩ラーメンとイタリアンテイストが融合したラーメンの両方が楽しめる。糖質ゼロでカロリー12kcalのヘルシー麺も用意、女性のみならずメタボ男性にも優しい店だ。

元イタリアンのシェフが作るラーメンが女性の心をつかんでいる。王道の塩ラーメンとイタリアンテイストが両方とも楽しめる。さらに、糖質ゼロ、低カロリーのヘルシー麺も用意している(写真はドゥエイタリアンの「黄金の塩らぁ麺」))
[画像のクリックで拡大表示]

 ラーメン店に限らず、一般に女性客が多い店は、カラダに優しい料理を出していることが多い。特集で紹介した「ソラノイロ」や「麺や 庄の gotsubo(ゴツボ)」も野菜をふんだんに使ったカラダに優しいラーメンを提供している。今回紹介する店も女性にとても人気がある1軒だが、また違うアプローチで女性の人気を得ている。

 3月末、花見客でにぎわっているJR市ケ谷駅付近から靖国通りを靖国神社方面に歩いていくと、右手に赤を基調としたスタイリッシュな店が現れる。そして店の前には「Due Italian」と書かれている看板が。ドアを開けて中に入ると、おしゃれな店内は女性客でいっぱいだ。

真っ赤な看板が印象的な外観。“Italian”の文字も目立つため、よく見なくてはラーメン屋だとはわからないだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 初めて訪れた人は、カフェかイタリアンかと勘違いしそうだが、このオシャレな店「ドゥエイタリアン」は、実はラーメン店(フルネームは「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」) 。しかも、「ミシュランガイド東京」で2年連続でビブグルマンに掲載された、ラーメン店の中でも話題性が高い1軒だ

店内も椅子とカウンターが赤で統一され、まさにカフェのような雰囲気。箸などが収納されているケースも女性目線に立ったオシャレなセレクト
[画像のクリックで拡大表示]

 “イタリアン”とついた店名に、鮮やかな赤のオシャレな外観、内装とくると、イタリアンテイストの異文化ラーメンの店なのでは…と思う方も多いだろう。確かに、チーズやトマト、レモンなどを合わせた新感覚のラーメンも提供する。だが、看板メニューは、店名にも入っている「黄金の塩らぁ麺」。イタリアンテイストを入れない、正統派の塩ラーメンだ。王道を行く塩ラーメンと新感覚のイタリアンラーメンの不思議な同居――それがドゥエイタリアンの他にない魅力となっている。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.