日経Gooday TOP  > からだケア  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > 麺がたった12kcal! 王道とイタリアンが同居する魅惑のラーメン店  > 3ページ目

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

麺がたった12kcal! 王道とイタリアンが同居する魅惑のラーメン店

第5回 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン(東京・市ケ谷)

 外川ゆい=フードライター

たった12kcalのヘルシー麺、女性なら無料でチェンジOK

 麺には、北海道産の小麦「春よ恋」を使っている。これが同店での「通常麺」で、替え玉には国産小麦とイタリアのデュラムセモリナ粉をブレンドした「イタリア麺」も選べる。

蒟蒻を使った12キロカロリーのヘルシー麺も用意する。男性はプラス100円だが、女性は無料で変更が可能。滑らかなで弾力がある
[画像のクリックで拡大表示]

 同店でユニークなのが、糖質ゼロで、カロリーを12kcalに抑えた「ヘルシー麺」を用意していること。これは蒟蒻(こんにゃく)と通常麺を混ぜたオリジナルの麺。蒟蒻だけだとスープにからまないが、通常麺を混ぜることで違和感なく楽しめるようになるという。実際に食べてみると、ツルツルっとしたのど越しが気持ちいい。ラーメンというと、「小麦をふんだんに使っているから高カロリー」というイメージを持つ人も多いだけにありがたい存在だ。

 このヘルシー麺、男性ならプラス100円で通常麺から変更することができる。女性の場合は変更は無料。カロリーを気にする女性にはうれしいサービスだ。当然、ヘルシー麺の注文比率は女性が高くなりそうだが、石塚シェフによると違うという。「ヘルシー麺にする方は、実は男性の方が多いのです。サプリメントを飲むなどして、健康やカロリーに気をつける男性の方が多く注文されます。女性の場合はラーメンに対して、ヘルシーさよりおいしさを選んでいる人が多いように思います」

チーズとラーメンの不思議な融合、〆はリゾットで

ベーシックなタイプに、生ハムをプラスした「生ハムフロマージュ」(1180円)。食べ終えた後、リゾットにするための玄米のご飯付き
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つの看板商品となっているのが「らぁ麺フロマージュ」。石塚シェフが試行錯誤の末に開発した傑作だ。丼の中央に鎮座する真っ白なチーズは、ゴルゴンゾーラとチェダーチーズを独自に配合したもので、チーズが一気に溶けることのないように計算されて作られている。

 ここで使われているスープは、黄金の塩らぁ麺と同じもの。麺をチーズに絡めながら食べると、ゴルゴンゾーラたっぷりのクリームパスタを食べているような感覚になる。濃厚なチーズの味わいにスープの塩加減が絶妙だ。そして食べ進むうちにチーズがスープに溶けて調和する。食べ終えるころに、スタッフが玄米を持ってきてくれるので、スープに投入してリゾットにして締めるのがお決まりだ。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.