日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > ラーメンでアンチエイジング!? ディープスポットに突如現れる癒しの店  > 3ページ目
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

ラーメンでアンチエイジング!? ディープスポットに突如現れる癒しの店

第3回 「薬膳ラーメンドラゴン」(東京・亀戸)

 外川ゆい=フードライター

4食の健康麺と低カロリーのスープ

一番人気の「プラチナドラゴン」(700円)。通常の麺は150g
[画像のクリックで拡大表示]

 看板メニューの「プラチナドラゴン」(700円)は、“アンチエイジング”を目的としたオリジナルの薬膳麺「ファイトカラーメン」を使用する。

 カラフルな4色の麺には、健康効果が期待できるとされる素材を練り込んでいる。色合いはそれぞれの素材によるものだ。紫色が「紫芋」、緑色が「ほうれん草」、黄色が「ウコン」、赤が「唐辛子」。この4色の麺をブレンドして1玉にしたのがファイトカラーメンだ。見た目にカラフルで楽しいのはもちろん、栄養価をしっかりと考えられて開発されている。島田氏は、寒い日には唐辛子を練り込んだ麺を多めにするなど、日々細やかな配慮を加えている。

紫芋、ほうれん草、ウコン、唐辛子による4色の麺。ストレートの細麺や中太のちぢれ麺など、異なる食感で最後まで飽きることなく楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 スープにもこだわりが満載だ。ラーメンのスープというと、一般には「カロリーが高いから飲み干すなんてもってのほか」と思われがちだ。だが、同店のラーメンのベースとなる薬膳スープは、豚骨、鶏ガラ、ラードは一切使っていない。干し野菜と季節ごとに配合された生薬から作られており、島田氏によると「ほぼゼロカロリー」とのこと

スープは、干し野菜と生薬から作られている。予想以上にコクがあり、深い味わい
[画像のクリックで拡大表示]

 そう聞くと「味気ない」ように思うかもしれないが、スープを飲むと予想以上にコクがある。薬膳独特のクセはない。さっぱりしながらも、香り高く、奥深い味わいが特徴的だ。飲むと身体の芯から温まる。「生薬によって体温を上げる働きも期待できます」(島田氏)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.