日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > 野菜はラーメンで食べる!? 従来の概念を覆すベジソバで女性客が最大8割に!  > 2ページ目
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

野菜はラーメンで食べる!? 従来の概念を覆すベジソバで女性客が最大8割に!

第2回 ソラノイロ(東京・麹町)

 外川ゆい=フードライター

女性が一人でも安心して食べられるラーメン店に

ベーシックなタイプの「ベジソバ」850円。丼のふちに添えられているのは、マッシュポテトと柚子胡椒
ベーシックなタイプの「ベジソバ」850円。丼のふちに添えられているのは、マッシュポテトと柚子胡椒
[画像のクリックで拡大表示]

 ソラノイロの店主、宮崎千尋氏は、博多とんこつラーメンの名店「博多一風堂」や、一風堂が東京西麻布で開いたラーメン店「五行」でマネージャーを務めた人物。宮崎氏は、高校時代にラーメンの食べ歩きをして、ラーメン店の店主の背中にあこがれてこの道に入ったという。

 「ラーメンは値段が安く、誰もが気軽に食べられる日本が誇る国民食です。一杯のラーメンでも人を幸せにできるんです」と宮崎氏は思いを語る。

製麺所に特注した、パプリカのパウダーを練り込んだオリジナル麺。もちもちとした食感で食べ応えもある。1人前は140g
製麺所に特注した、パプリカのパウダーを練り込んだオリジナル麺。もちもちとした食感で食べ応えもある。1人前は140g
[画像のクリックで拡大表示]
製麺所に特注した、パプリカのパウダーを練り込んだオリジナル麺。もちもちとした食感で食べ応えもある。1人前は140g

 ソラノイロはそんな宮崎氏が、「女性が一人でも安心してラーメンを食べられるようなお店にしたい」という思いからスタートした店だ。麺・スープ・トッピングすべてに野菜をふんだんに使った看板メニュー「ベジソバ」は、宮崎氏の思いが詰まった一杯。女性にとって居心地のいいラーメン屋、というコンセプト通り、現在では、時間帯にもよるが平均して女性客は4割、多い時には8割を占めるという。

 ベジソバは、これまでのラーメンの概念を覆すようなヘルシーさが特徴だ。カラフルなオレンジ色の麺は、厳選した準強力の小麦粉に、少し辛味のあるパプリカを練り込んだもので、スープがしっかりと絡むよう、もちもちとした食感の平麺にしている。プラス150円で、グルテン(小麦などの穀物に含まれているタンパク質の一種)フリー対応の玄米麺に変更することも可能だ。

スープは、キャベツ、ニンジン、セロリ、トマトをベースに塩味を効かせたものをベースに、タレを合わせている。タレには、ムール貝、イタヤ貝、昆布、サバ節などを使用
スープは、キャベツ、ニンジン、セロリ、トマトをベースに塩味を効かせたものをベースに、タレを合わせている。タレには、ムール貝、イタヤ貝、昆布、サバ節などを使用
[画像のクリックで拡大表示]

 スープは、キャベツ、ニンジン、セロリ、トマトをベースにして2時間かけて作る「ベジブロス」に塩味を効かせたもの。タレは、ムール貝を煮詰めて、イタヤ貝や昆布、サバ節などを合わせた塩ダレで、塩は2種類をブレンドしている。さらに、油は、米油にレンコンなど数種類の野菜の香りを移した香味油を使っている。

 トッピングには、蒸しキャベツ、マッシュポテト、サツマイモなど計5種類がのる。トッピングの野菜の総量はおよそ100gになる。戻した押し麦は、バジル和えにしている。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.