日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > 野菜はラーメンで食べる!? 従来の概念を覆すベジソバで女性客が最大8割に!
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

野菜はラーメンで食べる!? 従来の概念を覆すベジソバで女性客が最大8割に!

第2回 ソラノイロ(東京・麹町)

 外川ゆい=フードライター

ラーメンは、多くの人に愛されているにもかかわらず、“不健康”なイメージがある。そんなラーメンがここ数年で変わりつつある。素材にこだわる店が増え、「健康に配慮した」ラーメンを出す店が増えているのだ。それに伴い“ラーメン女子”と呼ばれる女性客も急増中。そこで日経グッデイでは、健康志向ラーメンの最新トレンドをいち早く取り上げ、東京で今話題のラーメンを提供している店を1軒ずつ紹介していく。今回紹介するのは、野菜をふんだんにつかった「ベジソバ」の名店「ソラノイロ」だ。

ここ2、3年、野菜をふんだんに使ったラーメン「ベジソバ」を提供する店が増えている。野菜たっぷりで、動物性脂肪が少ないので、通常のラーメンよりは格段にヘルシー(写真は、ソラノイロの「ベジソバ」)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ベジソバ」という言葉を聞いたことはないだろうか。

 店によって名前は異なるが、野菜をたっぷり使ったベジタブルラーメンのことだ。内容も店によって異なるが、トッピングに野菜が多いのはもちろん、スープに野菜をふんだんに使ったり、麺に野菜を練り込んでいたりする。中には、鶏ガラや煮干しなどの“動物由来”の食材をまったく使っていないベジソバもある。このほか、数種類の野菜をポタージュ状にしたものに動物系スープを合わせた、ベジタブルポタージュラーメン(ベジポタラーメン)もある。

 ベジソバは、野菜たっぷりで、動物性脂肪が少ないので、通常のラーメンよりは格段にヘルシーだ。女性に人気なのはもちろん、健康に気を使っている男性などに受け入れられている。

「この店はカフェ?」と間違える人も多そうな、青と白が印象的なオシャレな本店「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」の外観。ガラス張りで開放感がある
[画像のクリックで拡大表示]

 健康志向の流れもあり、ここ数年で提供する店舗が増えている。そんな「ベジソバ」で有名なのが、今回紹介する東京・麹町にある「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」だ。“女子ラーメン”の火付け役ともいわれている店だ。

本店「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」の店内。カウンターにはお酒のボトルも並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年に麹町でオープンし、雑誌、テレビなどで度々取り上げられ一躍人気店となった。そして2014年末には「ミシュランガイド2015東京」でビブグルマンに掲載、世界に認められるラーメン店の一つになっている。ちなみに、「ソラノイロ」というラーメン店らしからぬ店名は、「空の色」のように変化し続けたいという思いから付けたという。

 昨年には、東京駅一番街・東京ラーメンストリートに「ソラノイロ NIPPON」をオープンさせた。今年は、さらに2店舗を開業する予定だという。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.