日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化

第1回 ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ(東京・旗の台)

 外川ゆい=フードライター

国内外を問わず、多くの人に愛されているラーメン。今や国民食の一つと言っても過言ではないだろう。しかし、広く受け入れられ、その味が評価されているにもかかわらず、ラーメンには“不健康”なイメージがある。そんなラーメンがここ数年で変わりつつある。素材にこだわる店が増え、「健康に配慮した」ラーメンを出す店が増えているのだ。それに伴い“ラーメン女子”と呼ばれる女性客も急増中。そこで日経グッデイでは、健康志向ラーメンの最新トレンドをいち早く取り上げ、東京で今話題のラーメンを提供している店を1軒ずつ紹介していく。

今や国民食の一つになったラーメン。美味しいだけでなく「健康に配慮した」ラーメンが増えている(写真は、ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴの「アグー豚の醤油ラーメン(全部乗せ)」
今や国民食の一つになったラーメン。美味しいだけでなく「健康に配慮した」ラーメンが増えている(写真は、ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴの「アグー豚の醤油ラーメン(全部乗せ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本人が好きな食べ物というと、ランキングの上位に必ず入る「ラーメン」。日本人は麺好きが多いが、その中でもラーメンに惚れ込んでいる「ラーメン好き」は非常に多い。人気店には行列が絶えず、有名店ならば1時間以上待つ店もある。

 今では、世界的なグルメガイドブック「ミシュランガイド」にもラーメン店が掲載されるようになっている。2014年12月発行の「ミシュランガイド東京2015」からは、コストパフォーマンスに優れた店を紹介する「ビブグルマン」というジャンルで、20軒以上のラーメン店が掲載された。そして、昨年12月発行の「ミシュランガイド東京2016」では、とうとう「一つ星」を獲得したラーメン店が登場した

「ミシュランガイド東京2016」(日本ミシュランタイヤ発行)。2015年版以降、「ビブグルマン」というジャンルでラーメン店が掲載されるようになった。2016年版では、「一つ星」を獲得したラーメン店が登場(写真:スタジオキャスパー)
「ミシュランガイド東京2016」(日本ミシュランタイヤ発行)。2015年版以降、「ビブグルマン」というジャンルでラーメン店が掲載されるようになった。2016年版では、「一つ星」を獲得したラーメン店が登場(写真:スタジオキャスパー)

 独自の進化を続けるラーメンが、ニューヨークやパリなどの海外にも続々と進出して、現地のグルメに受け入れられているのをご存じの方も多いだろう。

 ラーメンが広く受け入れられ、評価が高まる一方で、ラーメンには「カラダに悪い」という負のイメージがいまだに付きまとっている。「ラーメンばっかりじゃカラダによくない」「飲みの〆のラーメンはカラダに悪い」「スープは全部飲んじゃダメ」――多くの人がそんなフレーズを必ず1度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 確かに、一昔前までは、油ギトギトでカロリーが高く、スープには塩分を多く含んでいて、それでいて野菜はほとんど入っていない――そんなラーメンが多かった。だから、ラーメン好きというと男性ばかりで、敬遠する女性も少なくなかった。ラーメン店は「女性が入りにくい店」の典型例だった。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.