日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化  > 4ページ目
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化

第1回 ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ(東京・旗の台)

 外川ゆい=フードライター

スピルリナ配合の自家製麺と、天然素材へのこだわり

「アグー豚の醤油ラーメン(全部乗せ)」(1200円)。チャーシューは、アグー豚、イベリコ豚、鶏肉の3種類がのり、贅沢感も食べ応えもある。名古屋コーチンの味玉子とバジル入りのワンタンも入る。麺は150g
[画像のクリックで拡大表示]

 一番人気の「アグー豚の醤油ラーメン」(800円)は、一見“普通”の美味しそうなラーメンだが、随所に健康や美容への配慮がされている。

 ほんのりとグリーンがかった麺は、国産小麦100%にかん水を数種ブレンドし、スーパーフード「スピルリナ」のパウダーを練り込んだもの。スピルリナは藻の一種で、食物繊維、たんぱく質、β-カロテン、鉄・カルシウムなどのミネラルなどを多く含んでいる、今話題になっている食品の一つだ。麺は自家製で、店内の奥にある製麺所で毎日作られている。製法にもこだわった細麺は、カラダにいいのはもちろん、風味、のどごしもいい。

麺は自家製。麺にはスーパーフード「スピルリナ」の粉末(右側)が練り込んである
[画像のクリックで拡大表示]

 タレは、弓削多醤油の吟醸純生しょうゆをメインにした2種の生醤油をベースに、数種の乾物と共に火入れして作っている。醤油の風味が高く、旨味がたっぷりなのが特徴。スープは、添加物を与えていない青森大鰐シャモロックの丸鶏をメインに煮込んで作っており、化学調味料は一切使用していない。

 スープを口に入れると、味わい濃厚ながらも、澄み切ったクリアな醤油の味が口いっぱいに広がる。つい「もう一口」とレンゲが止まらない。もちろん麺との相性も抜群だ。

 一般的なラーメンは丼一杯で30~40ccの油が使用されるが、ブンブン ブラウ カフェでは、カラダに配慮してオレイン酸たっぷりの香味油を15ccに減らしている。それでいて、ラーメンらしい“満足感”もしっかりとあるから嬉しい限りだ。

ラーメンのトッピングには、メンマではなく「アサイー」の新芽が使われている。これも話題のスーパーフードだ
[画像のクリックで拡大表示]

 トッピングの具材にもこだわっている。全部乗せには、ローストしたアグー豚やイベリコ豚のコンフィ、真空低温調理した鶏胸肉のチャーシューがのっている(800円の醤油ラーメンは豚と鶏が1枚ずつ)。メンマの代わりに、アサイー(ブラジル原産のスーパーフルーツ)の新芽を使っている。これにクレソンとネギが載る。全部乗せに含まれる味玉子は、名古屋コーチンの玉子を使用している。全部乗せにはバジル入りのワンタンも入っている。

 透明なスープが美しい「アグー豚の塩ラーメン」もダシの風味をストレートに感じる逸品だ。もし2人以上で店を訪れるなら、塩と醤油を両方頼んで味を比べるのも楽しい。

 ラーメンにトリュフを使用した「白トリュフ塩ラーメン」(850円)も人気がある。三つ星フレンチでも使用するオリーブオイルに、アルバ産の白トリュフで作った自家製のトリュフオイルを使用するこだわりぶりだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.