日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~  > もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化  > 3ページ目
印刷

健康志向ラーメン最前線 ~ラーメン戦線に変化あり!?~

もはや革命!? “不健康”なはずのラーメンに驚きの進化

第1回 ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ(東京・旗の台)

 外川ゆい=フードライター

「週に一度は、身体に良くて美味しいものを!」

入り口に張られたポスター。「週に一度は、身体に良くて美味しいものを!」をテーマにラーメンを提供している
入り口に張られたポスター。「週に一度は、身体に良くて美味しいものを!」をテーマにラーメンを提供している
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に紹介するのは、東京・品川区の旗の台駅からすぐのビルの2階に店を構える「ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ(BumBunBlauCafe with BeeHive)」。「カラダに良くて美味しい」をテーマに掲げた店で、2014年夏のオープンからわずか半年にして、「ミシュランガイド東京 2015」のビブグルマンに掲載された。

店内奥にはカウンター席もあり、男女問わず一人でも訪れやすい。女性専用の本格リラクゼーション・フェイシャルマッサージが受けられるエステサロンも併設する
店内奥にはカウンター席もあり、男女問わず一人でも訪れやすい。女性専用の本格リラクゼーション・フェイシャルマッサージが受けられるエステサロンも併設する
[画像のクリックで拡大表示]

 「週に一度は、身体に良くて美味しいものを!」というラーメン店らしからぬポスターを見ながら店内に入ると、カフェのような空間が広がっている。そのオシャレな店内では、ラーメンを食べている人が半分、かき氷を食べている人が半分という不思議な光景が広がっている。

 店内奥のカウンターの中では、小柄な女性店主・鈴木瑞穂氏が真剣な面持ちでラーメンを作っている。鈴木氏は、実はエステティシャン歴10年のエステのベテラン。店の奥には、リンパマッサージやエステが受けられる個室もある。

九十九里での衝撃の出会い

 鈴木氏は、かつて千葉・九十九里にあったラーメン店を訪れた際、これまで食べたことがないラーメンに出会った。

「私は昔からラーメンが大好きだったのですが、どこか心の片隅に罪悪感を持ちながら食べていました。しかし、九十九里で食べた一杯に衝撃を受けたのです。カラダに悪いと思っていたラーメンが、素材や調味料にこだわることで、こんなにも美味しく、カラダにやさしい一杯になるんだと。そのラーメンの味わいに感動しました」

店主の鈴木瑞穂氏は、エステティシャンとラーメンの料理人という二つの顔を持つ。厨房での麺の湯切りなどもお手のもの
店主の鈴木瑞穂氏は、エステティシャンとラーメンの料理人という二つの顔を持つ。厨房での麺の湯切りなどもお手のもの
[画像のクリックで拡大表示]

「(美容の世界では)美しさは、1回だけエステを受けただけではずっと保つことはできません。美しさをキープするには、“続けられるもの”でなくてはいけません。食べ物も同じです。その時だけカラダにいいものを食べるだけでは、美しく、健康にはなれません。『ラーメンのような手軽でリーズナブルに食べられる料理を食べて、きれいになれたらどんなにいいだろう』と思ったのです」

 当時、「エステを“食”として一歩進めたい」と考えていた鈴木氏は、すぐにその店で修業を開始。5年間にわたる研鑽を積み、ブンブン ブラウ カフェを2014年に旗の台で開業した。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.