日経Gooday TOP  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「明確な答えを出さねば」というプレッシャーが息苦しさを生む  > 3ページ目

男のストレス事情

「明確な答えを出さねば」というプレッシャーが息苦しさを生む

フリーライター 武田砂鉄さんに聞く「あえてクリアにしないという選択肢」【3】

 森脇早絵=フリーライター

その「答えがない」ことを許すみたいな。そういう心の余裕が自分に欠けていたかもしれないと、今回お話を伺って気付きました。

箇条書き的な答えの提示は、貧相だと思います。
箇条書き的な答えの提示は、貧相だと思います。

武田 ビジネス書では、章の終わりに「この章のポイント」として箇条書きで5つのメソッドなどが並んでいたりしますよね。あるいは、「仕事で勝つ46の方法」みたいなタイトルの本がいくつもありますね。ああいう箇条書き的な方法論って、とにかく貧相だと思っています。「46の方法」という本を読むよりも、そこに書かれていない別の方法を模索したほうがいい。「これだけが答えとは限らない」と考え続けることが大事ではないでしょうか。「こういうふうであるべき」というものを極力外したいんです。

武田さんの著書を読んだり、お話を聞いたりすると、たぶん武田さんは世の中を変えるとか、問題提起するために発言しているのではなくて、言いたいから言うとか、やりたいからやるというシンプルな構図ではないかと感じるんです。でも、多くの人は目的があるからやるというふうに、常に目的や結果を求めてしまう。もっと自分の気持ちに正直に動いていいんじゃないかなと思いました。

武田 出版社に勤めているとき、書籍の企画書を出す時に、記入フォーマットにいろいろな項目がありまして、その中に「なぜ、今か」という項目がありました。僕はいつも未記入でした。「そんなの分かんない」って思いながら。

 怠惰といえば怠惰ですが、このように「『なぜ、今、これか』を説明しなきゃならない」という場面って様々なところにありますよね。テキスト化して明示しなければ前に進まないことがたくさんあると思いますが、「なぜこうなのか」という問いに答えられない状態なのにスタートを切ってみる、これでもいいんじゃないかと思います。みんな、クリアなスタート地点を求めすぎですよね。明確な答えを出さなければいけないというプレッシャーから脱することが、息苦しさから脱することにもつながるのではないでしょうか。

(聞き手:森脇早絵=フリーライター、写真=菅野勝男)

武田砂鉄(たけださてつ)さん
ライター
武田砂鉄(たけださてつ)さん 1982年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーに。「cakes」「NEWSWEEK」「文學界」「VERY」「SPA!」「暮しの手帖」など多くの媒体で連載を持ち、インタビュー、書籍の構成も手掛ける。2015年に上梓した初の著書『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で第25回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した。2016年、第9回(池田晶子記念)わたくし、つまり Nobody賞を受賞。8月8日に第2作目となる『芸能人寛容論 テレビの中のわだかまり』(青弓社)が刊行となる。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.