日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「家は戸建て、子は2人、妻は専業主婦」というモデルケースの2周目はない  > 2ページ目
印刷

男のストレス事情

「家は戸建て、子は2人、妻は専業主婦」というモデルケースの2周目はない

フリーライター 武田砂鉄さんに聞く「あえてクリアにしないという選択肢」【2】

 森脇早絵=フリーライター

上司世代が築いた生活の「2周目」が成り立つと、なぜ信じるの?

武田さんの勤めていた会社は出版社ですし、ほかの業種に比べかなり自由な感じだったそうですね。

武田 どうでしょう、この業種が自由かどうかというより、他の業種の不自由に驚くことのほうが多かったかもしれません。時に、学生時代の同級生と会うと、その意識の差にびっくりしましたね。

 同窓会に行けば、聞いてもいないのに、こんな話をしてきます。なぜか自分を卑下しつつ、「4500万円の戸建てを30年ローンで買ってさ…」「新宿から40分くらい電車に乗って、駅から15分バスに乗って…」と苦々しい顔で愚痴をもらしてくる。これ、もしかしたら、自慢、なのかもしれません。妻は専業主婦で子ども2人だそうですが、なんだかずっと「いやぁもう大変で」と繰り返してきます。

2周目なんて、あり得ないですよね。
2周目なんて、あり得ないですよね。
[画像のクリックで拡大表示]

 繰り返し聞かされると、性格がさほど清らかではないこちらは、そういう生活を否定したくなってしまいます(笑)。そういう生活ってまさに、彼らの上司たちが理想として築き上げてきた生活ですが、そもそもそれって、もう一度再生産することなんてできるのかなぁ、と思ってしまう。というか、もう少しそこへの疑いを持たなくていいのかな、と。

 アレは経済の右肩上がりが前提となっていた戦後の日本社会が、たった1度しかこなしたことがないモデルケースですよね。彼らが生きていたサラリーマン社会では正しかったかもしれないけど、果たしてそのまま2周目に突入していいのかを冷静に判断しなければいけない

 自分は「あっ、これはできない」と思いました。ところが、「もう一回やるべきだ」と、さも自分の意思であるかのように「目指すべき生活」として刷り込まれているのだとしたら、それ、自分で得た選択肢ですか、とは言いたくなりますよね。まぁ、人は人ですから、どんな選択肢を持とうが構わないわけですが。

上の世代がつくった生活の「再生産」を正しいと思うことが息苦しい

武田 前回、男性は昼飯を食べに行くときに会社のヒエラルキーを持ち込むけど、女性はそういうものを崩して食事をしていたという事例について話しましたが、女性の方が会社に籍を置いていて「ってか、これ、2周目、もうないぞ」と感じることが多いのではないかと思います。個々の社会問題について議論する時に、女性のほうがそのことを痛感している。

 働く女性の場合、「30歳すぎまでにやらなきゃいけないこと」の社会的要請がものすごく多い。早く仕事に慣れろ、早く結果を出せ、早めに結婚しろ、早めに出産しろ、と。もちろん、そんな要請に応える必要なんてないんですが、とにかくその風潮にさらされがちです。

 もろもろよろしくねと、いっぱい投げられて、自分で優先順位を設けたり、無理ができる若いうちに全部、と力んだりする。投げられたいくつもの要請に、自分で完結を迫られます。一方の男は、いくつもありません。雑に言えば、会社に馴染む、の一つかもしれない。しかも会社のシステムの多くは、まだまだ男性のほうが馴染みやすいようにできているという。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.