日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ  > 2ページ目
印刷

男のストレス事情

「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【3】

 森脇早絵=フリーライター

栗原 彼女の息子さんは、一時期引きこもって、うつ病になってしまったそうです。でも、それを「無理しなくていいよ」と放っておいたら、息子さんは福祉関係の仕事に就いて、その職場で知り合った女性と結婚までして。それほど収入は多くないけど、すごく自由で、好きなように生きていると話していました。

 だから、引きこもっている人には、家族が変な負い目さえ与えなければ、案外好きなようにやりながら自立していくものなんだと、その女性は言っていました。

 彼女の話からも、今、自由に動けなくて苦しんでいるのは、女性だけでない。男性もそうなんじゃないかと僕は思いました。

 レールを踏み外すことは勇気のいることだと思いますが、伊藤野枝が言うように「自分はワガママに生きながら、他人のワガママも認めてあげる」(第2回参照)ことをもっとみんながやっていけば、男性も女性も、もっと生きやすくなるんじゃないでしょうか。

役割主義が原因の息苦しさは、役割を取っ払うことで突破する

たとえば、第1回でもおっしゃっていたように、「男はこうすべき、女はこうすべき」といった役割も取っ払ってしまうということですね。そうすると、もっと生きやすくなると…。

栗原 伊藤野枝は、家庭の中では、男性が主人の役割で、女性がそれを支える役割を担ってしまうと言っています。そこに性差があるわけです。役割をこなさなきゃいけないという考え方は、完全に型にはめられているということです。

 そこから生まれる息苦しさをどう突破するか。やはり、役割を取っ払うことではないかと思います。特に、男性の役割は「稼ぐこと」だと考える人が多いでしょう。いい企業に勤めて、定期的な収入を持ってくることが評価されていると。僕も同じことを前の彼女に言われました(第1回参照)。

「『男だから稼がなきゃ』といった役割を取っ払ってみることが必要」
[画像のクリックで拡大表示]

 でも、もはや今の社会では、そんなこと自体がそもそも実現しにくくなってきているわけです。雇用環境は完全に崩壊し、全体の4割くらいは非正規雇用です。一流企業に入るどころか、正社員になることすら難しい。企業に勤めていたって、いつクビになるか分からない。どんなにいい企業でも、倒産する可能性がある。

 ここまで来てしまうと、「企業に勤めて安定的な収入を得なきゃいけない」と思って生きていくこと自体、かなり苦しいことなんじゃないかと思います。

 そもそも、「評価されなければクビになる」とビクビクしながら会社勤めをしていくことは、相当きついと思います。僕は会社勤めをしたことがないので分かりませんが、想像するだけできついです。

 僕は長い間、非正規雇用かニートをしてきましたけど、実家暮らしで、庭に畑もあるし、食うに困らないという前提があるから、好きなことをやろうと割り切っていました。

 ただ、そんな僕でも苦しくなることがあります。やはり、ある程度仕事をしなきゃいけませんから、大学院では博士論文を書いて、先生に評価されなければ研究職に就けない、などと思っていましたからね。

 でも、そうやって評価されるために書く論文って、自由な書き方ではないんです。もちろん、お金がないと困るから、稼ぐための文章は必要かもしれません。でも、金になるような文章を書かなきゃいけないと考え始めると、苦しくなってくるんです。生き方がすべて「稼ぐため」になってしまうと、辛いのは当たり前です。

 だから、男女問わず、「稼ぐために働く」ことを一度バーンと断ち切ってみることも、一つの突破口になるのではないかと思います。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.