日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ  > 2ページ目
印刷

男のストレス事情

「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【3】

 森脇早絵=フリーライター

栗原 彼女の息子さんは、一時期引きこもって、うつ病になってしまったそうです。でも、それを「無理しなくていいよ」と放っておいたら、息子さんは福祉関係の仕事に就いて、その職場で知り合った女性と結婚までして。それほど収入は多くないけど、すごく自由で、好きなように生きていると話していました。

 だから、引きこもっている人には、家族が変な負い目さえ与えなければ、案外好きなようにやりながら自立していくものなんだと、その女性は言っていました。

 彼女の話からも、今、自由に動けなくて苦しんでいるのは、女性だけでない。男性もそうなんじゃないかと僕は思いました。

 レールを踏み外すことは勇気のいることだと思いますが、伊藤野枝が言うように「自分はワガママに生きながら、他人のワガママも認めてあげる」(第2回参照)ことをもっとみんながやっていけば、男性も女性も、もっと生きやすくなるんじゃないでしょうか。

役割主義が原因の息苦しさは、役割を取っ払うことで突破する

たとえば、第1回でもおっしゃっていたように、「男はこうすべき、女はこうすべき」といった役割も取っ払ってしまうということですね。そうすると、もっと生きやすくなると…。

栗原 伊藤野枝は、家庭の中では、男性が主人の役割で、女性がそれを支える役割を担ってしまうと言っています。そこに性差があるわけです。役割をこなさなきゃいけないという考え方は、完全に型にはめられているということです。

 そこから生まれる息苦しさをどう突破するか。やはり、役割を取っ払うことではないかと思います。特に、男性の役割は「稼ぐこと」だと考える人が多いでしょう。いい企業に勤めて、定期的な収入を持ってくることが評価されていると。僕も同じことを前の彼女に言われました(第1回参照)。

「『男だから稼がなきゃ』といった役割を取っ払ってみることが必要」
[画像のクリックで拡大表示]

 でも、もはや今の社会では、そんなこと自体がそもそも実現しにくくなってきているわけです。雇用環境は完全に崩壊し、全体の4割くらいは非正規雇用です。一流企業に入るどころか、正社員になることすら難しい。企業に勤めていたって、いつクビになるか分からない。どんなにいい企業でも、倒産する可能性がある。

 ここまで来てしまうと、「企業に勤めて安定的な収入を得なきゃいけない」と思って生きていくこと自体、かなり苦しいことなんじゃないかと思います。

 そもそも、「評価されなければクビになる」とビクビクしながら会社勤めをしていくことは、相当きついと思います。僕は会社勤めをしたことがないので分かりませんが、想像するだけできついです。

 僕は長い間、非正規雇用かニートをしてきましたけど、実家暮らしで、庭に畑もあるし、食うに困らないという前提があるから、好きなことをやろうと割り切っていました。

 ただ、そんな僕でも苦しくなることがあります。やはり、ある程度仕事をしなきゃいけませんから、大学院では博士論文を書いて、先生に評価されなければ研究職に就けない、などと思っていましたからね。

 でも、そうやって評価されるために書く論文って、自由な書き方ではないんです。もちろん、お金がないと困るから、稼ぐための文章は必要かもしれません。でも、金になるような文章を書かなきゃいけないと考え始めると、苦しくなってくるんです。生き方がすべて「稼ぐため」になってしまうと、辛いのは当たり前です。

 だから、男女問わず、「稼ぐために働く」ことを一度バーンと断ち切ってみることも、一つの突破口になるのではないかと思います。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.