日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ
印刷

男のストレス事情

「人の命より経済優先」の社会的暴力に押しつぶされちゃダメだ

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【3】

 森脇早絵=フリーライター

 第1回「『男の役割』『女の役割』にとらわれている限り、生きづらさは続く」、第2回「疲れたら満員電車を降りてもいい」で、「人はもっとワガママでいい。疲れたら迷惑なんか考えずに時間をつくって、好きなことをやればいい」と語った、アナキズム思想を研究する政治学者・栗原康さん。
 しかし、「そうは言っても……」と思う読者もいるかもしれない。ワガママを通した後に何が見えてくるのか。なぜ、ワガママが大事なのか。栗原さんインタビューの最終回では、「ワガママな生き方」についてもう一歩踏み込んだお話を紹介する。

限界が来そうだったら、
家族の同意がなくても会社を休んでしまえばいい

前回、「休みたいと思った時は、周りの迷惑を考えずに休んでしまった方がいい」というお話を伺いました。ただ、疲労が蓄積してそろそろ限界だ…という状態になってしまっても、特に家庭を持つ男性は、長期で休みを取ることが家族に理解されづらいかもしれません。

「今の仕事がつらくて辞めて、それで人にワガママと言われても、『ワガママ上等!』でいいじゃないですか」
[画像のクリックで拡大表示]

栗原 そうですね。僕は基本的に、できれば男女とも働かないでいけたらいいと思うんですけど(笑)。とはいえ、男が働いて、女が家を守るというふうに役割分担する人たちは、たくさんいますよね。

 できるなら、男性が「仕事を休みたい、辞めたい」と言ったら、女性が「私が働くよ」と言えるよう社会になればいいと思います。

 もちろん、夫婦の間でそこまで合意が取れないこともあるでしょう。でも、多くの男性は辛くても仕事を続けていきますから、放置すればうつ病になったり、下手をすると過労死や自殺という結末になってしまう可能性もあります。

 だから、本当にやばいと思ったら、家族の合意が取れなくても仕事を辞めてしまっていい。身を守っていいと思うんですよね。今の仕事を辞めて、もうちょっと楽な仕事に就こうと自分で決めてしまえばいい。それで人に「ワガママだ!」と言われても、「ワガママ上等!」でいいじゃないですか。

 本当に辛いと感じたら、登校拒否するのと同じで、とりあえず会社に行かないようにする。ごちゃごちゃ考えずに、行動してしまうことが大事だと思います。

 やってみたら、案外何とかなると思います。そのあと家族と話し合ったら、奥さんや子どもが「お父さん、ゆっくりしようよ」と言ってくれるかもしれない。いずれにしても、そこから何かが生まれてくると思うんです。

自分でつくった「自由な時間」は、いつか活路になる

栗原さんは高校生の時、満員電車を途中駅で降りて、本をたくさん読むようになったとおっしゃっていました。そこで大杉栄との出会いもあったそうですが、一度ドロップアウトして、空いた時間で自分の好きなことをやったことが、今のお仕事につながっています。休みをとっても、そこで好きなことをやって活路になるのならば、素晴らしいことではないかと…。

栗原 絶対そうだと思います。僕は高校生の頃、学校に行かなかった時間がとても大事でした。実はこの5年間ほどは、ほとんど働かない時期でもあったのですが、そういう自由な時間が、今の自分にとってすごくデカいんですよね。

 自由な時間に大量の本を読んでいました。お金がないから本は買えなかったのですが、友だちにもらったり、大杉栄の本を何度も読み返したりして。無駄に時間だけあるんで、音読や写経もやったり(笑)

 でも、それが本を書くきっかけにつながりましたからね。だから、ドロップアウトしても、割り切って「時間を自由に使っちゃうぞ」と思えば、どんどんプラスのパワーに変わっていくと思います。経験上、そう感じました。

休むと罪悪感を抱いてしまうこともありますが、好きなことをやっていれば、いつか役に立つかもというくらいのポジティブさで踏み込めばいいのかもしれませんね。

栗原 そうですよね。20~30代で引きこもっている人たちの中には、そう考える人が徐々に増えてきていますけど、40~50代の人たち、特に男性の方たちもそう言えるようになってくればいいなと思います。

 以前、僕の本を読んでくれた60代の女性から電話をいただいたことがありました。その方は「女性はもう解放されているのよ!これから解放されなきゃいけないのは、男性だと思う」と言って、息子さんの話をしてくれたんです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.