日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 疲れたら満員電車を降りてもいい 「ワガママ上等!」でいいじゃないか
印刷

男のストレス事情

疲れたら満員電車を降りてもいい 「ワガママ上等!」でいいじゃないか

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【2】

 森脇早絵=フリーライター

 「ある時、満員電車が象徴しているものは、社会そのものなのではないかと気付きました。非人間的な空間なのに、身を置いているうちに当たり前のことになってしまう。こうして本当の自我、つまり自分の思想、感情、本能を見失っていくのではないかと。これはやばいと思いました」。
 人を息苦しくさせているものの正体とは、一体何なのか? どのように突破口を開けばいいのだろうか? 前回に引き続き、アナキズム思想を研究する政治学者・栗原康さんにお話を伺った。

満員電車は「異常な空間」だと思った

栗原さんは、大杉栄の思想を研究されているということですが、大杉栄に傾倒するきっかけはどんなことだったのでしょうか?

「朝の満員電車の空間は明らかにおかしい。でも、次第に自分も慣れてしまって、立ったまま寝るすべを編み出したりしてました」
[画像のクリックで拡大表示]

栗原 高校3年生の時です。僕は、自宅から2時間半かけて千葉県の高校に通っていました。生まれて初めて満員電車に乗ったとき、「こんな異常な空間があるのか」とびっくりしたんです。

 満員電車に乗っていると、大の大人が訳の分からない理由でけんかするところをしょっちゅう見かけるんです。ちょっと足を踏んだくらいで、本気でネクタイをつかみ合っているとか。

 僕が遭遇した中で一番怖かったのは、近くに座っているサラリーマンが、前に立っている女性の足を踏んじゃったらしくて、激しい口げんかに発展したのを見た時です。

 だんだんヒートアップしてきて、サラリーマンが女性のネックレスを引きちぎり、女性は悲鳴を上げていて。最終的に、サラリーマンは「やばい」と思ったようで、駅に着いたタイミングで逃げていきました。

朝の満員電車は、みんな気が立っていますからね。でも、目の前でそんなことが起きると、さすがにびっくりしますよね。

栗原 朝からこの人たちは何をやっているんだろうと、高校生ながら思いました。

 でも、人間は不思議なもので、毎日満員電車に乗っていると、その空間に慣れてしまう。僕もいつの間にか慣れてしまって、満員電車で立ったまま寝る手段を編み出したりして(笑)

 でも、電車の中でせっかく気持ちよく寝ているのに、前の人がぶつかってくると、イラッとするわけです。僕は大人しいほうなので、切れたりはしないんですが、やっぱりイライラしてしまう。気付いたら自分も、満員電車の空間の一部になっていたんです。

 そして高校3年になったある朝のこと。いつものようにつり革に手を掛けながら寝ていたら、電車が揺れた瞬間に、僕の前にいたサラリーマンの肘が僕のお腹に直撃したんです。その瞬間、あまりの痛みに吐いてしまって、彼の靴にかかってしまったんですね。

 申し訳ない気持ちはあるけど、お腹は痛いし、気持ち悪いしで、その場にうずくまってしまいました。で、そのサラリーマンは何をしたかというと、大きな声を上げて、持っていたカバンで僕をバンバン叩いたんです。

 「すみません」と言いたいけど、気持ち悪さと怖さで声も出なくて。でも、誰も助けてくれなくて。僕は「やばい」と思って、次の駅で降りました。

 たぶんラッシュアワーじゃなかったら、そんなことは起こらなかったと思うんです。でも、あの空間では人はそんなふうになってしまう。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.