日経グッデイ

男のストレス事情

「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【1】

 森脇早絵=フリーライター

 あなたが女性だとして、夫に「働かないで、たらふく食べたい」と言われたらどう思うだろうか。「何言ってんだ、働かなきゃ家族を養えないじゃないか!」「男が働かないなんてあり得ない」と、多くの人は言うかもしれない。しかし、そんな考え方自体が自分を苦しめているのだとしたら、人はいつになったら楽に生きられるのだろうか。
 終わりの見えない生きづらさからの脱し方について、『はたらかないで、たらふく食べたい』(タバブックス)、『現代暴力論』(角川新書)の著者であり、大杉栄や伊藤野枝らのアナキズム思想を研究する政治学者・栗原康さんに3回にわたってお話を伺う。第1回のテーマは「家庭での息苦しさ」だ。

「日本死ね」発言がバッシングの対象となった理由

まず最初に根本的なところをお聞きしたいと思いますが、なぜ、日本の社会は閉塞感が強いのでしょうか? 人が自由に振る舞えない原因、息苦しさの根本はどこにあるとお考えでしょうか。

「息苦しさの根底にあるのは、『日本は一つになれる』という幻想なのではないかと思います」
[画像のクリックで拡大表示]

栗原 少し前に、「日本死ね」(*)という言葉が話題になりましたよね。それに対して、一部の評論家たちは「そんなにこの国に文句を言うなら、日本から出て行け」とか、「韓国でも中国でも行け」とバッシングしました。

 そんなバッシング発言が出てくるのは、結局、「日本は一つになれる」と考えているからだと思うんです。みんなで一つのことを決めて、一度決めたらそれに従わなければならないというイメージを持ってしまっている。

 例えば、今の政府に対して「ひどい」と思う人がいても、選挙で選ばれた人たちが決めた政策なんだから、従わなければならないと。もしそれを変えようとするならば、選挙で自民党以外の政党に勝たせてから議論しなければならない、と思わされているわけです。

 でも、何かを変えるためには、まずは「それはおかしい」と言わなければなりません。「日本という社会がそもそもおかしいんだ」という声を上げる。一つのことを決められてしまうことに対して、「ふざけんじゃねえ」とはっきり言うことが必要だと思います。

 みんなで一つのことを決めなくてはいけない、それを決める手続きが選挙だと言われていて、その手順を踏もうとしていなかったから、今回の「日本死ね」がバッシングされたのかなと思います。

 僕は、基本的に何か一つのことに従わされるとか、みんなが一つなんだということは、「幻想」だと思っています。

そういう意味では、日本人は一つの標語でくくられやすい国民性があると指摘されていますよね。戦時中の「一億玉砕」や、戦後でも「単一民族」という言い方もあったし、最近も「一億総活躍社会」というスローガンが出てきましたが…。

栗原 もちろん日本だけではなくて、どの国でもそうだとは思いますけどね。自分たちは一つの集団だということを、日常生活の中からずっと植え付けられている。社会が人に、そう生きざるを得なくさせているということが大きいと思います。

 例えば、家庭も一つの集団です。「人間は、基本的に家庭を築いて生きていくものだ。一つの集団としてまとまって生きていくものだ」という前提のもとで作られ、こうあるべきだというイメージが決まっています。

 伝統的には、男性は働いてお金を稼いでくるもの。女性は家を守り、男性を補助するものだとか。子どもは家庭の財産だから、生んで育てるとか。

 結局、家庭という一つのまとまりをつくったら、財産をいかに蓄積していくかという課題が生まれ、そのために男性も女性も役割をこなしていかなければならない。そういったことを、ずっとやらされているのかなと感じます。

 だから、家庭を乱すようなことをやると、むちゃくちゃ叩かれるんです。ちょっと前に話題になった、芸能人の不倫問題とかもそうですよね。

* 2016年2月に投稿された匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」のこと。これがきっかけで待機児童問題に関する議論が一気に燃え上がった。

ベッキーはなぜあそこまで叩かれたのか

すごい叩かれようでしたね。個人的には、なぜあそこまでベッキーさんが叩かれなきゃいけないんだと思いましたが。

栗原 浮気をしたら、当人同士でけんかをするのはいいと思うんですけど、人が誰かを好きになる尺度って、始めから決まっているわけではないですからね。本来、誰がどんな人をどう好きになろうと自由です。あとは一人ひとりが真剣に付き合っていけばいいだけの話ですからね。

 特に家庭問題では、酷い目に遭うのは女性の方が多い。不倫なんか典型的な例です。

「家庭の起源は奴隷制なんじゃないか?」
[画像のクリックで拡大表示]

 これは『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店) にも書いたのですが、大正時代のアナキスト、伊藤野枝は、「家庭をつくると、男が主人となる。女や子どもは、主人に従う。だから、女や子どもは財産に過ぎないんだ」と言っています

 要するに、「家庭の起源は、『奴隷制』なんじゃないか」ということですね。人が人をモノや財産として扱うのは、奴隷制ですから。

 例えば、明治期から戦後すぐまでは「姦通罪」(*)がありました。女性が浮気をすると罪になったのです。なんでかというと、それは男の財産を、所有権を侵害する行為だったからです。古代だったら、奴隷が逃げたら拷問を受けたり、場合によっては殺されますよね。姦通罪はもうなくなりましたが、今でも女は男の持ち物である、だから貞操を守れという発想は習俗として残っている。だからこそ、ベッキーのように女性のほうが、やたらと強く叩かれてしまうんだと思います

* 夫のある女性が夫以外の男性と性的関係を持ったとき、その女性と相手の男性とが問われた犯罪。1947(昭和22)年の刑法改正により削除された。

身をもって知った「男=仕事、女=家庭」の固定観念の根深さ

著書『はたらかないで、たらふく食べたい』に、栗原さんご自身も、男性と女性の役割について悩んだ経験があると書かれていましたね。

栗原 ええ、もともと結婚制度に否定的な考えは持っていたんですが、前の彼女と付き合っていた時は「まぁ、頭では分かっているし、結婚してもそんな役割になんかに縛られずにやっていけるだろう」くらいに思っていたんです。でも、付き合い始めて、いざ結婚の話が出始めた頃から全然うまくいかなくなって(笑)

 伊藤野枝も言っていますが、家庭の「役割」を意識し始めると、そこに誇りのようなものを持ち始めるわけです。女性は家庭を守ることに誇りを持つようになる。男性もそうですよね。金を稼いで家に持ってくることに誇りを持つようになる。

 女性が男を支えて、家を守ることに自ら積極的にのめりこむようになってしまう。伊藤野枝は、それを「女の奴隷根性」だと言っています。自らその役割を引き受けてしまうと。

 前々から「確かにそうだな」と思ってはいたんですが、実際に自分も女性と結婚してみようと思ったときに、本当にそれに直面しましたね。

よろしかったら、そのときのことを教えていただけますか。

栗原 前の彼女と付き合っていたころ、僕は年収10万円くらいしかなかったんです。前期に1コマだけ大学の非常勤講師の仕事を持ち、あとはずっと家にいて。

 東日本大震災の前後から付き合い始めて、ちょうど相手が30歳だったので、結婚を前提に考えていました。

 最初は、彼女は公務員でお金を稼いでいるから、僕は家事をやればいいかと思っていたんです。最近は「それでもいいよ」と言ってくれる女性も増えていると思いますが、彼女はそうじゃなくて。

 彼女は伝統的な家庭観を持っていた人で、私も今は働くけれど、女性の喜びとは、いつでも家庭に入ることができて、子どもといつも一緒にいられることだと。だから、「いつでも私がそうなれるように、あなたにも働いてほしい」と言われました

そう言われて、どうされたんですか?

 僕は当初、博士課程で博士論文を出せば、大学で就職する道が開けると考えていました。それで頑張って書いたりしていたんですが、うまくいかなくて。

[画像のクリックで拡大表示]
「毎日説教されて、そのたびに謝って…。おかげで謝るのがうまくなりました」(笑)

 すると彼女は「じゃあ、就職するよね。毎日外に出て、働いている体(てい)だけでも見せてほしい。コンビニのバイトでもいいから、週5日はやってくれないか」と僕に言う。コンビニのバイトは、それはそれで大変な仕事だとは思いますけど、僕のやりたいことでは全くないですからね。

 それで生まれて初めて就活をして、予備校講師の仕事を見つけて、週2日やるようになりました。でも、彼女に言うと「それは働いているうちに入らない」と。

 僕は、どうしても文章を書きたかったので、そのための時間を作りたかった。でも、世間一般からすると、そういうのは仕事に入らないんですね。

 彼女にも「何遊んでるの」と毎日1時間くらい電話で説教されました。僕は、「すみません、すみません」とひたすら謝って。たまに、あまりにも言われすぎて気持ち悪くなって、ゲーって吐いた時もあったりして(笑)

 結局うまくいかなくなって、最後は地元の動物園の近くに呼び出されて、婚約指輪を返されました。ここで完全にふられたわけです。

 僕なりに努力はしてみたけれど、やっぱりうまくいかないなと。ふられて残念だと思っているときに、『現代思想』(青土社)という雑誌から、「『婚活のリアル』という特集で書いてみませんか」というお話をいただき、やってやるぜ!とお引き受けしたんです。

 そこで伊藤野枝の本を読み返しました。改めて、家庭にはいると、女性も男性も、どうしても奴隷的な役割を引き受けてしまうんだという文章を読んで、「これは100年前の文章だけど、今も同じ事が起きているんだな」と思いました

 本当は、元彼女自身も生きづらいかもしれませんよね。働きながら、女性としての役割も引き受けようとしているんだから。

 人に、「自分がそういう役割を積極的にやることが正しい」と思わせて、引き受けさせることが、いまだに根強いんだと自覚しました。

夫婦関係、恋愛関係は、「友情」をベースにするといい

「役割」にとらわれすぎていることが、家庭でも、仕事をするという意味でも、人を息苦しくさせているということですね。「女性は家に入るべき」や、「男性は稼ぐべき」という考えに従わなくてもいいと。そういう固定観念を外していくことが大事なのでしょうか。

栗原 大事だと思いますね。役割が頭の中にあるから、それ以外のことが出てこなくなっちゃうんだと思います。

 伊藤野枝の話で面白いと思ったのが、恋愛関係、夫婦関係でも、うまくやっていくためには、基本に「友情」があるべきだ、ということです。

 そもそも、友だち同士って支配関係がありませんよね。支配関係になったら、会社の上下関係のようになってしまう。だけど、家庭では無意識のうちにそういう関係が築かれています。社会で金を稼いでくる主人と、それを支える妻、という関係です。共働きでも、女性の方が家事を負担するウェイトが大きいんじゃないかなと思います。

 そういう風にならないためには、「友情」をベースにするのが一つの答えだと野枝は言っているんです。

 友だちということは、役割を背負わされている集団の一員ではないということです。全く別の個性を持った、個人と個人がいるということ。こういう考え方がベースにあれば、男女が生活するときに、両方がプラスの影響を与え合うことができます。

 例えば、女性には繊細な面があり、男性には力強い面があったとする、逆でもいいですけど。お互いにないものを持っています。ああ、こんな楽しいことがあったのかと、自分一人では気付きもしなかったことに気付かされたり、そのための知恵を得たり。自分一人ではできなかったことも、できるようになります。

 そういうふうに、お互いがお互いの個性をぶつけ合いながら、自分一人ではできなかったことがやれるようになっていくと考えると、もっと二人の間に広がりが出てくると思うんです。

 さらに考えていくと、別に家族の形は何でもよくて、男女のカップルだけで暮らす必要は全然ないと思います。そこに友だちが入ってきてもいい。

 その方が、子育てもやりやすかったりするんです。夫婦だけだったら、どちらか一人が子どもの面倒をつきっきりで見ざるを得なくなる。でも、家庭の中に何人かの友だちがいれば、大家族と同じように、一人あたりの負担が軽くなります。メリットは子育てだけじゃありません。お互いが知らないような、生きるための知恵や知識をシェアすることもできる。

 伊藤野枝は、人間は、機械の歯車のようなものだと表現しています。これ良い意味で言っています。歯車と歯車を噛み合わせていくと、全く違う動き方をする。たくさんの歯車を合わせれば、大きく動くし、どんどん違う動き方をする。人間はそういう機械のようになればいいんじゃないかと言っているんです。

 野枝は、家庭も、子どもも、恋愛も、好きな仕事も諦めませんでした。生涯を懸けて全てと向き合った結果、こういう答えを出した。これは、人が息苦しさを解消するための一つの突破口ではないかと思います。(つづく)

(写真:菅野勝男)

栗原 康(くりはら やすし)さん
政治学者、東北芸術工科大学非常勤講師
栗原 康(くりはら やすし)さん 1979年埼玉県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科・博士後期課程満期退学。専門はアナキズム研究。著書に、第5回「いける本大賞」受賞、紀伊國屋じんぶん大賞2015第6位となった『大杉栄伝-永遠のアナキズム』(夜光社)。ほかに『G8サミット体制とはなにか』(以文社)、『はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言』(タバブックス)、『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店)、『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』(角川新書)などがある。
日経グッデイ春割キャンペーン