日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く  > 3ページ
印刷

男のストレス事情

「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【1】

 森脇早絵=フリーライター

よろしかったら、そのときのことを教えていただけますか。

栗原 前の彼女と付き合っていたころ、僕は年収10万円くらいしかなかったんです。前期に1コマだけ大学の非常勤講師の仕事を持ち、あとはずっと家にいて。

 東日本大震災の前後から付き合い始めて、ちょうど相手が30歳だったので、結婚を前提に考えていました。

 最初は、彼女は公務員でお金を稼いでいるから、僕は家事をやればいいかと思っていたんです。最近は「それでもいいよ」と言ってくれる女性も増えていると思いますが、彼女はそうじゃなくて。

 彼女は伝統的な家庭観を持っていた人で、私も今は働くけれど、女性の喜びとは、いつでも家庭に入ることができて、子どもといつも一緒にいられることだと。だから、「いつでも私がそうなれるように、あなたにも働いてほしい」と言われました

そう言われて、どうされたんですか?

 僕は当初、博士課程で博士論文を出せば、大学で就職する道が開けると考えていました。それで頑張って書いたりしていたんですが、うまくいかなくて。

[画像のクリックで拡大表示]
「毎日説教されて、そのたびに謝って…。おかげで謝るのがうまくなりました」(笑)

 すると彼女は「じゃあ、就職するよね。毎日外に出て、働いている体(てい)だけでも見せてほしい。コンビニのバイトでもいいから、週5日はやってくれないか」と僕に言う。コンビニのバイトは、それはそれで大変な仕事だとは思いますけど、僕のやりたいことでは全くないですからね。

 それで生まれて初めて就活をして、予備校講師の仕事を見つけて、週2日やるようになりました。でも、彼女に言うと「それは働いているうちに入らない」と。

 僕は、どうしても文章を書きたかったので、そのための時間を作りたかった。でも、世間一般からすると、そういうのは仕事に入らないんですね。

 彼女にも「何遊んでるの」と毎日1時間くらい電話で説教されました。僕は、「すみません、すみません」とひたすら謝って。たまに、あまりにも言われすぎて気持ち悪くなって、ゲーって吐いた時もあったりして(笑)

 結局うまくいかなくなって、最後は地元の動物園の近くに呼び出されて、婚約指輪を返されました。ここで完全にふられたわけです。

 僕なりに努力はしてみたけれど、やっぱりうまくいかないなと。ふられて残念だと思っているときに、『現代思想』(青土社)という雑誌から、「『婚活のリアル』という特集で書いてみませんか」というお話をいただき、やってやるぜ!とお引き受けしたんです。

 そこで伊藤野枝の本を読み返しました。改めて、家庭にはいると、女性も男性も、どうしても奴隷的な役割を引き受けてしまうんだという文章を読んで、「これは100年前の文章だけど、今も同じ事が起きているんだな」と思いました

 本当は、元彼女自身も生きづらいかもしれませんよね。働きながら、女性としての役割も引き受けようとしているんだから。

 人に、「自分がそういう役割を積極的にやることが正しい」と思わせて、引き受けさせることが、いまだに根強いんだと自覚しました。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.