日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く  > 2ページ
印刷

男のストレス事情

「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【1】

 森脇早絵=フリーライター

ベッキーはなぜあそこまで叩かれたのか

すごい叩かれようでしたね。個人的には、なぜあそこまでベッキーさんが叩かれなきゃいけないんだと思いましたが。

栗原 浮気をしたら、当人同士でけんかをするのはいいと思うんですけど、人が誰かを好きになる尺度って、始めから決まっているわけではないですからね。本来、誰がどんな人をどう好きになろうと自由です。あとは一人ひとりが真剣に付き合っていけばいいだけの話ですからね。

 特に家庭問題では、酷い目に遭うのは女性の方が多い。不倫なんか典型的な例です。

「家庭の起源は奴隷制なんじゃないか?」
[画像のクリックで拡大表示]

 これは『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店) にも書いたのですが、大正時代のアナキスト、伊藤野枝は、「家庭をつくると、男が主人となる。女や子どもは、主人に従う。だから、女や子どもは財産に過ぎないんだ」と言っています

 要するに、「家庭の起源は、『奴隷制』なんじゃないか」ということですね。人が人をモノや財産として扱うのは、奴隷制ですから。

 例えば、明治期から戦後すぐまでは「姦通罪」(*)がありました。女性が浮気をすると罪になったのです。なんでかというと、それは男の財産を、所有権を侵害する行為だったからです。古代だったら、奴隷が逃げたら拷問を受けたり、場合によっては殺されますよね。姦通罪はもうなくなりましたが、今でも女は男の持ち物である、だから貞操を守れという発想は習俗として残っている。だからこそ、ベッキーのように女性のほうが、やたらと強く叩かれてしまうんだと思います

* 夫のある女性が夫以外の男性と性的関係を持ったとき、その女性と相手の男性とが問われた犯罪。1947(昭和22)年の刑法改正により削除された。

身をもって知った「男=仕事、女=家庭」の固定観念の根深さ

著書『はたらかないで、たらふく食べたい』に、栗原さんご自身も、男性と女性の役割について悩んだ経験があると書かれていましたね。

栗原 ええ、もともと結婚制度に否定的な考えは持っていたんですが、前の彼女と付き合っていた時は「まぁ、頭では分かっているし、結婚してもそんな役割になんかに縛られずにやっていけるだろう」くらいに思っていたんです。でも、付き合い始めて、いざ結婚の話が出始めた頃から全然うまくいかなくなって(笑)

 伊藤野枝も言っていますが、家庭の「役割」を意識し始めると、そこに誇りのようなものを持ち始めるわけです。女性は家庭を守ることに誇りを持つようになる。男性もそうですよね。金を稼いで家に持ってくることに誇りを持つようになる。

 女性が男を支えて、家を守ることに自ら積極的にのめりこむようになってしまう。伊藤野枝は、それを「女の奴隷根性」だと言っています。自らその役割を引き受けてしまうと。

 前々から「確かにそうだな」と思ってはいたんですが、実際に自分も女性と結婚してみようと思ったときに、本当にそれに直面しましたね。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.