日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く
印刷

男のストレス事情

「男の役割」「女の役割」にとらわれている限り、生きづらさは続く

アナキズム研究の政治学者 栗原康さんに聞く「生きづらさからの脱却」【1】

 森脇早絵=フリーライター

 あなたが女性だとして、夫に「働かないで、たらふく食べたい」と言われたらどう思うだろうか。「何言ってんだ、働かなきゃ家族を養えないじゃないか!」「男が働かないなんてあり得ない」と、多くの人は言うかもしれない。しかし、そんな考え方自体が自分を苦しめているのだとしたら、人はいつになったら楽に生きられるのだろうか。
 終わりの見えない生きづらさからの脱し方について、『はたらかないで、たらふく食べたい』(タバブックス)、『現代暴力論』(角川新書)の著者であり、大杉栄や伊藤野枝らのアナキズム思想を研究する政治学者・栗原康さんに3回にわたってお話を伺う。第1回のテーマは「家庭での息苦しさ」だ。

「日本死ね」発言がバッシングの対象となった理由

まず最初に根本的なところをお聞きしたいと思いますが、なぜ、日本の社会は閉塞感が強いのでしょうか? 人が自由に振る舞えない原因、息苦しさの根本はどこにあるとお考えでしょうか。

「息苦しさの根底にあるのは、『日本は一つになれる』という幻想なのではないかと思います」
[画像のクリックで拡大表示]

栗原 少し前に、「日本死ね」(*)という言葉が話題になりましたよね。それに対して、一部の評論家たちは「そんなにこの国に文句を言うなら、日本から出て行け」とか、「韓国でも中国でも行け」とバッシングしました。

 そんなバッシング発言が出てくるのは、結局、「日本は一つになれる」と考えているからだと思うんです。みんなで一つのことを決めて、一度決めたらそれに従わなければならないというイメージを持ってしまっている。

 例えば、今の政府に対して「ひどい」と思う人がいても、選挙で選ばれた人たちが決めた政策なんだから、従わなければならないと。もしそれを変えようとするならば、選挙で自民党以外の政党に勝たせてから議論しなければならない、と思わされているわけです。

 でも、何かを変えるためには、まずは「それはおかしい」と言わなければなりません。「日本という社会がそもそもおかしいんだ」という声を上げる。一つのことを決められてしまうことに対して、「ふざけんじゃねえ」とはっきり言うことが必要だと思います。

 みんなで一つのことを決めなくてはいけない、それを決める手続きが選挙だと言われていて、その手順を踏もうとしていなかったから、今回の「日本死ね」がバッシングされたのかなと思います。

 僕は、基本的に何か一つのことに従わされるとか、みんなが一つなんだということは、「幻想」だと思っています。

そういう意味では、日本人は一つの標語でくくられやすい国民性があると指摘されていますよね。戦時中の「一億玉砕」や、戦後でも「単一民族」という言い方もあったし、最近も「一億総活躍社会」というスローガンが出てきましたが…。

栗原 もちろん日本だけではなくて、どの国でもそうだとは思いますけどね。自分たちは一つの集団だということを、日常生活の中からずっと植え付けられている。社会が人に、そう生きざるを得なくさせているということが大きいと思います。

 例えば、家庭も一つの集団です。「人間は、基本的に家庭を築いて生きていくものだ。一つの集団としてまとまって生きていくものだ」という前提のもとで作られ、こうあるべきだというイメージが決まっています。

 伝統的には、男性は働いてお金を稼いでくるもの。女性は家を守り、男性を補助するものだとか。子どもは家庭の財産だから、生んで育てるとか。

 結局、家庭という一つのまとまりをつくったら、財産をいかに蓄積していくかという課題が生まれ、そのために男性も女性も役割をこなしていかなければならない。そういったことを、ずっとやらされているのかなと感じます。

 だから、家庭を乱すようなことをやると、むちゃくちゃ叩かれるんです。ちょっと前に話題になった、芸能人の不倫問題とかもそうですよね。

* 2016年2月に投稿された匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」のこと。これがきっかけで待機児童問題に関する議論が一気に燃え上がった。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.