日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男のストレス事情  > 「男らしさ」に追いつめられる男性が増加中!?
印刷

男のストレス事情

「男らしさ」に追いつめられる男性が増加中!?

『男はなぜこんなに苦しいのか』著者・海原純子氏インタビュー

 取材・まとめ:小泉なつみ=フリーライター

「男はなぜこんなに苦しいのか」「もう限界」。こんな衝撃的なタイトルと帯を持った書籍が発行された。心療内科医で日本医科大学特任教授の海原純子さんの著作だ。1980年代から女性の心身症を専門にカウンセリングを行ってきた海原さんだが、近年、ストレス性疾患を患う男性が増えていることを実感。看過できない現状を受け、警鐘を鳴らす意味で本書の執筆に至ったという。現代男性の身に今、何が起きているのか?

「男らしさ」に追い詰められる男性たち

「男はこうあらねば」という呪縛から、ストレスを一人で抱えていませんか?(©Pablo Hidalgo 123-rf)
[画像のクリックで拡大表示]

――海原さんが本書を執筆するに至った理由を教えてください。

 リーマン・ショック後、現場で40~50代の男性のストレス性疾患が増えていると感じるようになったからです。例えば、日中はバリバリ仕事をしているけれど毎晩気を失うほどお酒を飲まずにはいられない「隠れアルコール依存症」になる人や、これまでのスキルが通用しなくなり適応障害に苦しむ人、どんなに頑張っても人事評価で報われずうつ状態になる人…。そんなケースが多く目につくようになったことから、もっと早い段階で予防してほしいという気持ちで本書を執筆しました。

 それまで、男性は真面目に働いていればそれで良いという時代が長くありました。いったん就職してしまえばそう簡単にクビになることもないし、とりあえず会社にいれば年功序列で給料は上がりました。しかしここ10年、特にリーマン・ショック以降は企業のリストラが加速し、会社は成果主義になりました。加えてPCやネットの急激な普及によってそれまでの働き方やスキルが通用しない局面も増えましたよね。また、きちんと結果を出しているのに、自分の意に沿わない評価を受けてしまうこともあるでしょう。

 こうした社会情勢の変化によってやる気を削がれた上に、「男らしく振る舞わなければならない」という呪縛によって自らを追い詰めてしまう男性は非常に多い。これは何とかしなければならないと思ったわけです。

――社会進出を始めた女性が「良き妻・良き母」像の狭間で悩んできたように、今度は男性が「男らしさ」によってがんじがらめになっているということでしょうか。

 そうです。これまで自分の存在価値を仕事にしか見出してこなかった男性が職場でうまくいかなくなったら、当然それはとてつもなく大きなストレスとなって跳ね返ってくるわけです。でも、多くの男性はローンがあるし家族を支えなくてはいけないから、仕事を辞めるわけにもいかない。なんとか騙し騙し会社に行っても、そこで邪魔者扱いされたり、能力を活かした仕事をさせてもらえなかったり、正当な評価を受けられなかったりする。

 かといって、かつて悩みを語り合った同僚たちは40~50代になると皆ライバルになってしまっていて、本音を語ることは難しい。「男はこうあるべき」という自己イメージが強いので、仕事を離れた場所や家庭でグチを言ったり、自分の弱さを露呈するようなことはなかなかできない。そうこうするうちに、不眠になって食欲もなくなり、ついに体が悲鳴を上げ始める。そんな男性が増えているのではないかと思います。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.