日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~  > コーヒー摂取で「気をつけるべきこと」は何か
印刷

ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~

コーヒー摂取で「気をつけるべきこと」は何か

第6回 ちゃんと知りたい! コーヒーのいいこと・悪いこと――ネスレ日本の福島洋一さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

みんなが毎日飲んでいる香り高いコーヒーは、体にいいことづくめだった!以前は「カラダに悪い」と言われていたコーヒーが、最新の研究により「カラダにいい」ことが続々と明らかになっている。日経グッデイでは、最新の「コーヒーの健康効果」を専門家の方々に直撃して話を聞いた。第6回となる今回は、世界中のコーヒー研究を常にチェックしているネスレ日本の福島洋一さんに、「コーヒーと健康」の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことについて聞いた。(後編はこちら

コーヒーはメンタル面にいい影響を及ぼすという研究結果が出ている。さらにシミの抑制効果も期待できるという。今回は「コーヒーと健康」の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことを聞いた(©Somsak Sudthangtum -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 コーヒー特集ではこれまで、がん予防生活習慣病予防ダイエット効果など、ビジネスパーソンに嬉しいコーヒーの健康効果を報告してきた。

 コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸類」にはさまざまな健康効果が期待できることが明らかになった。となると、「他にもいい効果があるのでは?」と期待してしまう。その一方で、ここまで「いいことづくめ」だと、「カラダによくないこともあるのでは?」という思いも頭に浮かんでくる。

 そこで今回は、コーヒー関連商品を幅広く扱うネスレ日本の“コーヒー博士”福島洋一さんに、コーヒーと健康の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことについて話を聞いた。

コーヒーは、赤くて甘い実の種子からできる

これまで、5回に渡ってコーヒーのカラダへの効果をお伝えしてきたのですが、本当に「カラダにいいことだらけ」であることがわかって驚いています。コーヒー好きとしては嬉しい半面、ちょっと怖いくらいです。今回は、世界中のコーヒー研究を常にチェックしている福島さんに最新の研究事情を伺えればと考えています。いいことはもちろんですが、コーヒーを飲む上で気をつけるべき点についても、ぜひ教えてください。

福島さん わかりました。これまでの特集記事にも掲載されていましたが、ここ20年くらいの数々の研究で、コーヒーにはさまざまな健康効果があることがわかってきました。常に最新研究をウォッチしている私も、時にはついていけなくなることがあります。今回、取材でお話しするにあたって改めて調べただけでも、新たな発見がいくつもありました。

なぜコーヒーに健康効果があるのでしょうか?

コーヒーが実をつけているところ。その見た目から「コーヒーチェリー」と呼ばれている(写真提供:ネスレ日本)
[画像のクリックで拡大表示]

福島さん 私は、コーヒーという植物の成り立ちに、その秘密があると考えています。コーヒーは「コーヒー・ベルト」と呼ばれる南北回帰線の間にある熱帯、亜熱帯地域(南米、アジア、アフリカなど)で栽培されています。このような南国にあるフルーツは、虫や病気から身を守るため、硬い殻に包まれていることが多いんです。カカオやココナッツなどはその代表ですね。

 ところが、コーヒーは花を咲かせた後、甘くて柔らかい果肉の果実をつけます。その見た目からコーヒーの果実は「コーヒーチェリー」と呼ばれています。このコーヒーチェリー、実を食べることができるんですよ。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.