コーヒー摂取量と尿酸値の関係

1日あたりのコーヒーを飲む量が1~2杯、3~4杯、5杯以上と多くなるほど、尿酸値が低下することが確認された(British Journal of Nutrition 1999;82:125-130)

記事に戻る