日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~  > お酒の後はコーヒー!? 肝機能、痛風にも効果あり  > 3ページ
印刷

ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~

お酒の後はコーヒー!? 肝機能、痛風にも効果あり

第3回 メタボに悩むビジネスパーソンはコーヒーを!――国立健康・栄養研究所 古野純典さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

「ALT」「AST」「γ-GTP」の3要素いずれにも効果あり

肝臓の状態を見る指標というと、γ-GTPの他に、AST、ALTの値も重要です。これらへの影響はあるのですか?

古野さん AST、ALTも改善します。私は、防衛医科大学校から九州大学に移ってから、コーヒーと生活習慣病の関係をより詳しく調べてみようと、福岡市東区の住民男女を対象に、コーヒー飲用と「ALT」「AST」「γ-GTP」という肝機能数値の関係を調べました。すると、「ALT」「AST」「γ-GTP」の3つの数値ともに、コーヒーの摂取量が多くなるほど低くなる傾向が確認できました。

コーヒーの摂取量が多くなると、ALT、AST、γ-GTPの3つの数値ともに低くなる傾向が確認された(九州大学福岡コホート研究・基礎調査2004-2007年、Scand J Chin Lab Inv 2010;70:171-9)
[画像のクリックで拡大表示]

 飲酒量が多い人ほど、コーヒーを飲むことでALT、AST、γ-GTPの値がより低くなる傾向も確認できました。飲酒量が多い人ほどコーヒーの肝機能保護効果は高くなる、つまり「酒飲みにはコーヒーはうってつけ」というわけです(笑)。この研究結果は、2010年に論文にまとめました。

 「コーヒーがアルコール飲用による肝機能低下を抑える」という報告は、1980年代後半以降、15年ほどの間でノルウェーやイタリア、フィンランド、米国などからも多数発表されています。コーヒーが肝機能にいい効果を及ぼすのは間違いないでしょう。

飲み会の〆はデカフェ、飲んだ翌朝にもコーヒーを

実際、国立がん研究センターの研究によると、コーヒーは肝臓がんリスクを下げることも「ほぼ確実」だということもわかっています(前回の記事を参照)。コーヒーは肝臓にいいのですね。では、コーヒーのどの成分が、肝臓にいい効果を及ぼしているのでしょうか。

古野さん 肝臓を守るカギとなるのは、コーヒーに豊富に含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸だと考えています。クロロゲン酸は強い抗酸化作用があります。これが肝機能にいい影響を与えるのでしょう。実際、動物にクロロゲン酸を投与した研究報告も非常に多くあり、効果が確認されています。

なるほど。お酒を飲む人は積極的にコーヒーを飲んだほうがいいわけですね。具体的にどんな風にコーヒーを飲めばいいのでしょう?

古野さん 飲んだときに飲むのが一番いいのですが、実際のところお酒を飲みながらコーヒーというのはないでしょう。お酒の後はラーメンで〆ずに、コーヒーで〆てはどうでしょうか。アルコールによる肝機能の低下を抑えてくれます。

 ただ、夜遅くコーヒーを飲むとカフェインの覚醒効果が働いて眠れなくなってしまうので、その際はカフェイン抜きの「デカフェ」を選ぶ。最近はデカフェのコーヒーも入手しやすくなりました。さらに、翌朝もコーヒーを飲むと、前日夜に飲んだアルコールの代謝で疲れた肝臓を元気づけることができますよ。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.