日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 放置はNG!高血圧  > 薬で血圧はなぜ下がる?主要薬の降圧メカニズム  > 2ページ

放置はNG!高血圧

薬で血圧はなぜ下がる?主要薬の降圧メカニズム

高血圧が「血管パンパン型」か「血管ギュウギュウ型」かで使い分け

 宇津貴史=医学リポーター

 すなわち、塩が体内に入ると、血液中のナトリウムが増える。生体はナトリウム濃度を正常まで下げるために、血液の中に水を引き込む。その結果、血液の量は水増しされて多くなり、血管はパンパンとなる。

 また、高齢者は、塩をとり過ぎていなくても「パンパン型」の血圧上昇を起こしやすい。「65歳を超えた人の高血圧は、ほとんどがこのタイプです」と桑島氏は言う。高齢者では、ナトリウムを尿の中に捨てる働き(腎機能)が低下しているため、血液中のナトリウム濃度が下がりにくいからだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.