日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday's View 記者の目  > 目の前で親が倒れたら…心臓マッサージとAEDが命を救う
印刷

Gooday's View 記者の目

目の前で親が倒れたら…心臓マッサージとAEDが命を救う

一度体験することが誰かを助ける 救命講習の重要性

 寺西 芝=日経Gooday編集長

救急車を呼んで心臓マッサージを。AEDがあればすぐに用意する(©gonshi4545-123rf)

 寒くなると気を付けたいのが、心筋梗塞などによる突然死だ。突然意識を失い、脈拍もなくなり呼吸も止まる。もし、目の前で人がそんなふうに倒れたら、あなたはどうする? それが自分の親だったら、夫あるいは妻だったら…。

 すぐに救急車を呼ぶのはもちろんだが、救急車が現場に到着するまでにかかる時間は8.6分(*1)(全国平均)。交通事情でもっと遅れる場合もあるだろう。その間に何かできることはあるのだろうか。

*1 総務省消防庁発表資料「平成27年版 救急・救助の現況」による。

胸が5センチ沈むまで強く押す

 ぜひとも知っておきたいのが、胸骨圧迫による心肺蘇生法いわゆる「心臓マッサージ」と「AED(自動体外式除細動器)」の使い方だ。

 胸骨圧迫とは、胸の真ん中にある「胸骨」を強く押し、圧迫することで間接的にその下にある心臓を圧迫する。手のひらを胸の真ん中に当て、もう一方の手を添え、肘を曲げずに腕をまっすぐにして真上から押す。日本救急医学会が推奨する方法では、少なくとも胸が5センチ沈むまで強く押すとしている。相当の力で押さないと5センチは沈まない。筆者も救急講習で体験したが、ここまで押していいのだろうかというくらいグッと力を入れて胸を押す。

 心肺蘇生法は、この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせがよいが、成人の場合は胸骨圧迫のみでも効果を発揮するので、日本救急医学会は「少なくとも胸骨圧迫を!」と呼びかけている。

 胸骨圧迫は「強く、速く、絶え間なく」行いつつ、近くにAEDがあればすぐに用意する。AEDは電源を入れると音声でのガイダンスが始まるので、その指示通りに操作すればいい。電気ショックを開始するときには感電する恐れがあるので倒れている人には触れず必ず離れる。こういった注意すべき点も、「離れてください」などと音声で案内してくれる、じつに優れた機器だ。

 AEDは、すでに公共機関を中心に街でもあちらこちらで見かけるようになった。しかし、実際に使い方を知っている人は少ないかもしれない。全国の消防署では、胸骨圧迫による心肺蘇生法とAEDの使い方が学べる救命講習が受けられる。人が倒れるのを目の当たりにすると何をしていいか分からず右往左往するだろう。一度講習を受けて、何をすべきかを頭に入れておきたい。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.