日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Gooday's View 記者の目  > ある日突然に「介護」。異文化のぶつかり合いが、なぜか心を打つ映画『つむぐもの』
印刷

Gooday's View 記者の目

ある日突然に「介護」。異文化のぶつかり合いが、なぜか心を打つ映画『つむぐもの』

病に倒れた和紙職人と韓国から来たヘルパー女子が心を通わせ、そして…

 内山郁子=日経Gooday

 ヨロブン、アンニョンハセヨ(みなさん、こんにちは)! 日経グッデイ編集部の内山です。今回は、病のため体が不自由になった和紙職人と、ワーキングホリデーで日本にやってきた落ちこぼれ韓国女子が、「介護」を通じて心の絆を築く過程を丁寧に描いた映画『つむぐもの』を紹介します。

(C)2016 「つむぐもの」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 本作は、映画製作のほか介護事業も手掛ける前田紘孝氏が製作プロデュースを行った作品。2015年11月には、約2000人の介護職員が参加した、介護事業所の最優秀賞を決めるイベント「第5回介護甲子園」で完成報告の舞台挨拶を行ったことが話題になりました。数々の映画やドラマで渋い脇役を務める、芸歴50年の俳優・石倉三郎の初主演映画です。

 物語の舞台は福井県の丹南地域。和紙や漆器、越前焼など、伝統工芸が古くから受け継がれてきた地域です。主人公の剛生(たけお、石倉三郎)は、紙すき一筋で生きてきた越前和紙の職人で、妻に先立たれて独り暮らしをしています。その剛生のもとに、韓国人女性のヨナキム・コッピ)が訪れます。ヨナは、韓国で勤めていた博物館を首になり、実家にいづらくなったため、ワーキングホリデーを利用して日本に働きにやって来たのでした。

 ところが、ヨナの目の前に現れたのは、脳腫瘍で倒れ、一命はとりとめたものの左半身が不自由になった剛生。「越前和紙作りの手伝い」をするつもりで日本に来たのに、剛生の「身の回りの世話」をすることになってしまいます。いわゆる「住み込みのお手伝いさん」ですね。和紙組合の理事長・石川日野陽仁)らの計らいで、剛生は介護施設「なごみ」の訪問介護を受けながら、日常生活ではヨナのサポートを受けることになったのです。

「越前和紙作りの手伝い」をするつもりで日本に来た韓国人女性ヨナ(キム・コッピ)の目の前に現れたのは、脳腫瘍のため左半身が不自由になった和紙職人の剛生(石倉三郎)だった。 (C)2016 「つむぐもの」製作委員会

 剛生の性格は、一言で表せば「頑固」。対するヨナは「勝気」です。そんな水と油の2人が、突然、世話をされる側とする側に立たされてしまう─。なかなかキツイ状況です。そもそも言葉が通じない。しかも異文化。ヨナの作る食事が口に合わず、ヨナの振る舞いに「行儀が悪い」と腹を立て…でも、世話をしてもらわなければ生きていけない。その戸惑いと、自尊心を傷つけられた怒りと痛みが剛生の姿からにじみ出ます。

 そして、思いもよらぬ形で思いもよらぬ仕事をすることとなったヨナ。ふてくされた表情で剛生の世話を焼き、命令口調に反発して怒鳴り返す。どうなってしまうの!?と、はらはらさせられますが、さすがに女子は現実的。ここで介護をやるっきゃない!と開き直り、少しずつ日本語を覚え、介護施設「なごみ」で介護の技術を教えてもらいながら、介護の現場にも異文化の風を吹き込みました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.