日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集  > インフルエンザ療養中の転落死に注意、厚労省「玄関や窓の施錠を」  > 2ページ目
印刷

インフルエンザ総特集

インフルエンザ療養中の転落死に注意、厚労省「玄関や窓の施錠を」

小児・未成年者に多い異常行動、1人にせず飛び降りや飛び出しに対策を

 三和 護=日経メディカル

 服用した薬の組み合わせを調べたところ、「イナビルのみ」「イナビル+アセトアミノフェン」がそれぞれ9例(17%)と多く、「リレンザ+アセトアミノフェン」と「いずれかが不明」がそれぞれ7件(13%)でした(図2)。「全て服用なし」も3件(6%)報告されているのも注目点です(*1)。

*1 抗インフルエンザ薬には、吸入薬のイナビル(一般名ラニナミビル)、リレンザ(一般名ザナミビル)、カプセルまたはドライシロップのタミフル(一般名オセルタミビル)の3種類の経口薬のほか、点滴静注薬のラピアクタ(一般名ペラミビル)がある。アセトアミノフェンは解熱鎮痛薬や総合感冒薬に含まれる成分。
図2 服用した薬の組み合わせ別に見た異常行動の報告数
図2 服用した薬の組み合わせ別に見た異常行動の報告数
[画像のクリックで拡大表示]

 また、製薬企業からの報告をまとめた「抗インフルエンザウイルス薬服用時の異常行動」(2009年6月の報告書取りまとめ以降)によりますと、2009/2010シーズン以降、2016/2017シーズンまでに異常行動は全体で404件報告されています。このうち死亡例は、タミフル服用者で3例、リレンザ服用者で3例、イナビル服用者で2例の合計8例でした。なお、厚労省によると、抗インフルエンザ薬と異常行動の因果関係は不明とされています(関連記事「インフルエンザの異常行動は抗ウイルス薬と関係があるの?」)。

この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.