日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集  > インフルエンザ療養中の転落死に注意、厚労省「玄関や窓の施錠を」  > 2ページ
印刷

インフルエンザ総特集

インフルエンザ療養中の転落死に注意、厚労省「玄関や窓の施錠を」

小児・未成年者に多い異常行動、1人にせず飛び降りや飛び出しに対策を

 三和 護=日経メディカル

 服用した薬の組み合わせを調べたところ、「イナビルのみ」「イナビル+アセトアミノフェン」がそれぞれ9例(17%)と多く、「リレンザ+アセトアミノフェン」と「いずれかが不明」がそれぞれ7件(13%)でした(図2)。「全て服用なし」も3件(6%)報告されているのも注目点です(*1)。

*1 抗インフルエンザ薬には、吸入薬のイナビル(一般名ラニナミビル)、リレンザ(一般名ザナミビル)、カプセルまたはドライシロップのタミフル(一般名オセルタミビル)の3種類の経口薬のほか、点滴静注薬のラピアクタ(一般名ペラミビル)がある。アセトアミノフェンは解熱鎮痛薬や総合感冒薬に含まれる成分。
図2 服用した薬の組み合わせ別に見た異常行動の報告数
[画像のクリックで拡大表示]

 また、製薬企業からの報告をまとめた「抗インフルエンザウイルス薬服用時の異常行動」(2009年6月の報告書取りまとめ以降)によりますと、2009/2010シーズン以降、2016/2017シーズンまでに異常行動は全体で404件報告されています。このうち死亡例は、タミフル服用者で3例、リレンザ服用者で3例、イナビル服用者で2例の合計8例でした。なお、厚労省によると、抗インフルエンザ薬と異常行動の因果関係は不明とされています(関連記事「インフルエンザの異常行動は抗ウイルス薬と関係があるの?」)。

この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.