日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集  > この冬のインフルエンザワクチン、A香港型には効果が低い可能性も  > 3ページ
印刷

インフルエンザ総特集

この冬のインフルエンザワクチン、A香港型には効果が低い可能性も

専門家を悩ませる「鶏卵馴化」とは? ワクチン不足だけでない新たな懸念

 三和 護=日経メディカル

 十分な生産量を確保できなければ、希望してもワクチンが接種できない人が相当数発生すると見込まれ、社会的な混乱を生じる可能性があります。このことを理由に急きょ、A/H3N2のワクチン用ウイルスは「A/香港/4801/2014(X-263)」に切り替えられたのでした。

 新しいウイルスは、昨年同様、鶏卵馴化によって抗原性が変化する懸念がありますが、他の3つの型、すなわち、A/H1N1、B型のビクトリア系統と山形系統のそれぞれのウイルスには効果が見込めることから、このような決断に至ったと理解できます。この点は、供給量確保の観点から、やむを得ない判断と受け止める人は多いはずです。

抗原変異の程度と実際の有効率は必ずしもリンクしない?

 では、今シーズンのワクチンは、A/H3N2に対する効果はほとんど期待できないのでしょうか?

 ここに、厚労省が示した興味深い調査結果(*4)があります。この調査によると、昨シーズン(2016/2017年シーズン)も、A/H3N2において、でき上がったワクチンの抗原性と実際に流行したウイルスの抗原性の合致度が良好でなかった(流行ウイルスの9割以上でワクチンとの反応性が低かった)にもかかわらず、6歳未満のワクチンの有効率は約42%(A/H3N2に限ると38%)だったというのです。ちなみに昨シーズンは、A/H3N2が流行ウイルスの主流を占めていました。

 「流行株の9割以上でワクチンとの反応性が低下していたにもかかわらず、6歳未満での有効率は約42%だった」。この事実を、私たちはどう受け止めたらよいのでしょうか。有効率が40%ほどあるのなら、A/H3N2でも効果があると考えてワクチン接種を受けるのか。40%ほどでしかないのなら、A/H3N2では効果が十分ではないと考えてワクチン接種を控えるのか――。

 予防接種を受けるかどうかは個人の判断に委ねられていますが、私たちはこうした情報を頭に入れ、予防効果の限界を理解した上で接種を受ける必要があるでしょう。人混みを避ける、マスクや手洗いをするなど、ワクチン以外の感染予防策を徹底することも忘れてはなりません。ちなみに、私自身は呼吸器系の持病があるため、インフルエンザにかかって持病が悪化するのは怖いので、今年もワクチンは打つつもりです。

 また、実際に流行する可能性のあるウイルスは、A/H3N2だけでなく全部で4種類あります。仮にA/H3N2への効果が低くても、他の3つの型のウイルスもカバーしていることは、ワクチン接種のメリットと言えるでしょう。現時点では、各地で複数のウイルスが同時に流行する、混合流行の様相を呈しています(関連記事「インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める」)。こうした流行動向もチェックしながら、この冬を元気に乗り切りたいところです。

*4 「ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究」(研究代表者:医療法人相生会臨床疫学研究センターの廣田良夫氏)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.