日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集  > この冬のインフルエンザワクチン、A香港型には効果が低い可能性も
印刷

インフルエンザ総特集

この冬のインフルエンザワクチン、A香港型には効果が低い可能性も

専門家を悩ませる「鶏卵馴化」とは? ワクチン不足だけでない新たな懸念

 三和 護=日経メディカル

2017年~2018年シーズンのインフルエンザ流行速報から、知っているようで知らないインフルエンザの基礎知識まで、この特集で一挙解決! インフルエンザ流行マップはこちら毎日更新中です。

 この冬(2017/2018年シーズン)は、インフルエンザワクチンが不足する可能性が危惧されていますが(関連記事「インフルエンザワクチンが不足、『13歳以上は原則1回接種に』」)、実はもう一つ、ワクチンについて新たな懸念事項が浮上しています。それは、「この冬、仮にA型のH3N2(A香港型)ウイルスが流行した場合、ワクチンの効果が十分に発揮されない可能性がある」ということです。いったいどういうことなのでしょうか。

卵を使って製造するワクチンは「抗原性」が変化しやすい

A香港型にはあまり効かない?(C)Khuntnop Asawachiwantorngul-123rf

 インフルエンザウイルスは、毎年小さな変異を繰り返しながら流行を引き起こします。このため、インフルエンザのワクチンも、ウイルスの変異に合わせて毎年新しいものを製造する必要があります。

 ワクチンは毎年、次の冬に流行しそうなウイルスの中から製造に適したものを選び、それを鶏卵(有精卵)の中で増殖させて作られています。増殖したウイルスには化学処理が加えられ、毒性のない安全なワクチンになります。

<さらに詳しく>

通常、ワクチン製造に用いるウイルス(ワクチン製造株)の選定過程は、1~2月に、厚生労働省健康局長が、国立感染症研究所(以下、感染研)の所長にインフルエンザワクチン製造株の検討を依頼することから始まります。感染研は、所長の私的諮問機関である「インフルエンザワクチン株選定のための検討会議」の議論を踏まえて製造株を選定し、健康局長に回答します。これを受けて、健康局長が製造株決定の通知を出しているのです。


 インフルエンザワクチンは、感染予防に加えて重症化予防にも欠かせないものです。以前は、A型ウイルス2種類(A/H3N2〔香港型〕、A/H1N1pdm2009 *1)、B型ウイルス1種類の計3種類をカバーしていましたが、近年、B型では山形系統とビクトリア系統の2種類が流行することが多く、1回のワクチン接種では感染予防という点で不十分な状況が続いていました。そこで、2015年製造分から、B型を1種類増やして、A型の2種類、B型の2種類の計4種類をカバーできるようになりました。現在のワクチンは、近年流行しているA型(A/H3N2、A/H1N1pdm2009)とB型(ビクトリア系統、山形系統)の4種類のウイルスに対する予防効果が期待されています。

 しかし、問題が残っていました。それは、A/H3N2型のウイルスは、鶏卵で増やす工程の中で、ワクチンの効果を左右する「抗原性」が変化しやすいという問題です。

*1 H1N1pdm2009は、2009年に世界的流行を起こした新型インフルエンザウイルス。2009年より前に流行していたH1N1型ウイルス(Aソ連型)と区別するため、このように表記される。Aソ連型ウイルスは、新型インフルエンザの流行以降はほとんど姿を消している。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.