日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集 2015~2016  > インフル入院患者、0~9歳が最多、60歳以上も増加
印刷

インフルエンザ総特集 2015~2016

インフル入院患者、0~9歳が最多、60歳以上も増加

インフルエンザ患者数はこの5年で2番目に多く

 三和護=日経メディカル

2015年~2016年シーズンのインフルエンザ流行速報から、知っているようで知らないインフルエンザの基礎知識まで、この特集で一挙解決! インフルエンザ流行マップはこちら毎日更新中です。

 国が実施しているインフルエンザ入院サーベイランスによると、2月14日までの1週間で全国約500カ所の基幹定点医療機関に入院したインフルエンザ患者は1437人と、前週の1123人から300人余り増加した。依然、0~9歳が最多だが、ここにきて高齢患者の入院が目立ってきた

 インフルエンザ入院サーベイランスは、インフルエンザによる入院患者の発生情報や重症化の傾向を継続的に把握するために行われている。

 今シーズンは、全国的に流行入りした第1週(~1月10日)の入院患者数が171人だったが、注意報レベルを超えた第3週(~1月24日)には461人と急増、警報レベルを超えた第5週(~2月7日)には1123人と1000人を超えた(図1)。

図1 インフルエンザ入院患者数の推移(全国約500の基幹定点病院からの報告)
[画像のクリックで拡大表示]

 年齢層別では、流行の中心となっている0~9歳の入院患者が最も多く、第6週(~2月14日)は596人と全体の42%を占めている。例年入院患者の多い高齢者は、第6週に増加。80歳以上が前週の1.6倍の248人、70~79歳も1.6倍の193人、60~69歳は1.5倍の154人だった。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.