日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集 2015~2016  > インフル急加速、全国的に警報レベル超える
印刷

インフルエンザ総特集 2015~2016

インフル急加速、全国的に警報レベル超える

流行入りから警報までの時間は過去5シーズンで最短

 三和護=日経メディカル

2015年~2016年シーズンのインフルエンザ流行速報から、知っているようで知らないインフルエンザの基礎知識まで、この特集で一挙解決! インフルエンザ流行マップはこちら毎日更新中です。

 インフルエンザ流行のスピードが加速している。都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)によると、2月7日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は定点当たり34.66人と前週の22.57人から1.5倍に増加、今シーズン初めて警報レベルとされる30人を超えた。流行入りから警報までの時間は、過去5シーズンで最短となった。

 国や自治体によるインフルエンザ対策は、流行入りからピークまでの時間を伸ばし、かつピーク時の患者数を減らすことを目的に展開される。咳エチケットや手洗いの励行、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた食事、さらにはワクチン接種を呼び掛けるなど、公衆衛生学的な介入により、感染拡大を抑制し流行規模の平坦化を目指している。

 しかし今シーズンは、全国的に、こうした公衆衛生学的な介入が実を結んでいないように見える。流行入りから警報レベルに達するまでの時間を見たところ、今シーズン(2015/16シーズン)は4週間だった(流行入りが第1週、警報レベル超えが5週目)。新型インフルエンザ(A/H1N1pdm2009)が季節性インフルエンザとして流行するようになった2011/12シーズン以降は、7週間、6週間、6週間、6週間と推移しており、今シーズンの4週間は近年にない短期間に警報レベルに達したことを意味している。

 休み明けとなる本日は、インフルエンザの患者が外来に殺到している可能性もありそうだ。

図1 インフルエンザ定点当たり報告数の推移
[画像のクリックで拡大表示]
この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.