日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集  > インフルエンザ流行拡大、患者数は前週の3倍の164万人
印刷

インフルエンザ総特集

インフルエンザ流行拡大、患者数は前週の3倍の164万人

愛知県で過去20年の最高値、32都道府県で警報レベルを超える

 三和護=日経メディカル

 インフルエンザの流行が急拡大している。各都道府県がまとめている定点医療機関からの患者報告数(速報値)によると、1月13日までの1週間(第2週)に全国の定点医療機関を受診したインフルエンザ患者数は19万527人。定点当たりでは38.54人となり、警報レベルとされる30人を超えた(図1)。定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約163.5万人となり、前週(約58.6万人)の2.8倍に一気に増加した。

図1 インフルエンザ流行の動向
(各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告[速報値]を基に作成)

 患者数が最も多いのは愛知県で、定点当たり75.38人だった。同県は、1999年以降の最高値(2005年第8週の64.07)を更新した。これに熊本県が58.79人、岐阜県が53.94人、鹿児島県が52.34人、静岡県が52.22人、福岡県が51.87人、高知県も50.19人と続く。ここまでが50人を超えていた(図2)。また、全域で警報レベルを超えたのは、前週の4道県から32都道府県に拡大した。

 前週からの増加率を見ると、宮城県が4.7倍、奈良県が4.3倍、神奈川県、和歌山県、栃木県がそれぞれ4.0倍と急増している。

図2 都道府県別に見たインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)

流行の主流はA型のH1N1、次いでA型の香港型(H3N2)

 国立感染症研究所の週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数(1月16日時点)によると、今シーズンの流行ウイルスはA型の「A/H1N1pdm2009」(2009年に新型インフルエンザとして流行した型)が69.1%で主流となっている。次いでA香港型と呼ばれる「A/H3N2」が29.6%、B型の山形系統は0.5%、ビクトリア系統が0.7%だった。

この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.