日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > インフルエンザ総特集 2015~2016  > インフルエンザ感染者、じわり増加
印刷

インフルエンザ総特集 2015~2016

インフルエンザ感染者、じわり増加

ウイルスの流行株は地域によって異なる

 三和 護=日経メディカル

2015年~2016年シーズンのインフルエンザ流行速報から、知っているようで知らないインフルエンザの基礎知識まで、この特集で一挙解決! インフルエンザ流行マップはこちら毎日更新中です。

 例年になく遅い立ち上がりとなっているインフルエンザ流行だが、ここにきて患者数の増加が目立ってきた。都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)によると、2015年12月27日までの1週間(52週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は3734人で、定点当たり0.76人と前週の0.46人から増加した。

 最も多いのは秋田県の6.65人で前週(3.41人)から95%増となった。沖縄県(2.74人)、北海道(2.35人)、新潟県(1.87人)、福島県(1.43人)と続いている(図1)。

図1 インフルエンザ定点当たり報告数(速報)の推移
表1 インフルエンザ定点当たり報告数の上位と流行株の状況

 特徴的なのは検出されているウイルスの流行株が地域によって異なる点だ。秋田県は、B型も1件検出されているが、これまで報告された10件中、A型のA(H1N1)pdm2009が9件とほとんどを占めている。一方、沖縄県や北海道、新潟県はA型のA(H3N2)(香港型)が主流でAH1pdm09は検出されていない(表1)。

 1月3日までの第53週は、年末年始で休診する定点医療機関も多かったため、次回の定点当たり報告数は減少するとみられる。ただ、このところ朝晩の冷え込みが続いており、加えて今週末以降、全国的に気温が低下するとの予報も出ていることから、今月中旬にかけて全国的に流行入りする可能性が高い。

この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.