日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 年末年始の食べ過ぎ・飲み過ぎ 即効リセット術!  > 胃もたれ・胸焼けが残る朝は1杯の味噌汁から
印刷

年末年始の食べ過ぎ・飲み過ぎ 即効リセット術!

胃もたれ・胸焼けが残る朝は1杯の味噌汁から

胃腸薬は症状に合わせてこう選ぶ

 継田治生=ライター

忘年会、お正月、新年会と続く年末年始は、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎによって体調を崩しがちだ。気がついたら“体重増量”一直線の憂き目を見ないためにはどうすればいい?(第1回記事を参照) 不快な胃もたれ・胸焼け、はたまた二日酔いから即効で立ち直るには?(第3回記事を参照) つい食べ過ぎ・飲み過ぎをしてしまった後でも、それをなかったかのようにカラダを復活させてくれる即効リセット術を3回連載でお届けしよう。

忘年会で食べ過ぎた翌朝の胃もたれから解放されるにはどうすれば…。(©Katarzyna BiaAasiewicz-123rf)
忘年会で食べ過ぎた翌朝の胃もたれから解放されるにはどうすれば…。(©Katarzyna BiaAasiewicz-123rf)

 忘年会での食べ過ぎや飲みすぎで心配になるのは、体重の増加だけではない。翌日の朝に胃もたれや胸焼けで悩まされることも多いのではないだろうか。少しでも早く、この不快な症状から解放されるには、どうすればよいのだろうか。

 胃もたれと胸焼けはどちらも、食べ過ぎやアルコールの取り過ぎによって、胃で食べ物を消化するための胃酸が過剰に分泌されて、胃が炎症を起こす。ただ症状は異なり、胃もたれの場合は、消化できていない食べ物が胃の中に残り、「胃が重く感じる」「お腹が張っているように感じる」といった不快感をもたらす。特に脂っこい食べ物は消化に時間がかかるため、胃に大きな負担がかかりやすい。

 一方で胸焼けは、「胸の真ん中あたりがチリチリと焼けつくように感じる」「胸が締めつけられるように痛む」といった食道周辺の不快な症状になる。こちらは、胃酸の過剰分泌に加えて、猫背の姿勢だったり、腹圧を入れ過ぎたりしたことによって、食道と胃のつなぎ目にある「下部食道括約筋」が開き、胃液や胃の内容物が食道に逆流してしまうことで起こる。肥満の人も下部食道括約筋が開きやすいという。

不快な朝は具のない味噌汁がオススメ

 忘年会の食べ過ぎによる一時的な胃もたれや胸焼けは、多少時間がかかっても、食べ物が胃から十二指腸、小腸へと排出されていけば、たいていの場合は自然に症状が治まるという。消化器関連の疾患に詳しい慶應義塾大学医学部の鈴木秀和教授は、「胃もたれや胸焼けは急性の胃炎による症状で、その時点で内視鏡検査を行えば小さな点状の出血が確認されることもあるが、しばらくすれば治ってしまうことが多い」と話す。

 とは言え、誰しも、なるべく早く不快な症状から逃れたいはず。鈴木教授に、まずは食事面の対処法を聞いてみた。「胃もたれや胸焼けの症状を感じる時は、安静にして、胃の負担になる食事はお腹がすくまで控えることが一番です。お酒を飲んだ翌日は脱水症状になっているケースが多く、意識して水分を取ることが大切です。お勧めなのは、適度な塩分(ナトリウム)を含む具のない味噌汁や体液に近い塩分を含むスポーツ飲料です。そして、お腹がすいてきたら消化の良いものから徐々に食べ始めることですね。水分の摂取は、食道の詰まりを洗い流してくれるので胸焼けの解消にも有効です」。

 水分と一緒に塩分の補給を勧めるのは、胃で消化したブドウ糖やアミノ酸を吸収するには、ナトリウムの助けが必要だからだ。胃腸における消化吸収を少しでも早く終えるためには、このタイミングで適度な塩分を補給するのが理想的だ。

 胃もたれの際に消化が良いとされる果物や野菜を食べる人も少なくないが、「柑橘類やトマトは、胃酸の分泌を促して胃の炎症を悪化させる恐れがあるため、このタイミングではあまりお勧めできません」(鈴木教授)という。また、消化を促すために軽い運動を行おうとする人もいるが、胃もたれや胸焼けの時は安静にして、運動する筋肉を動かさないようにするほうがよい。胃などの内臓にできるだけ多くの血液を送って働かせなければならない時であるため、筋肉に血液を送らないといけない行為は避けるという考え方だ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.