日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > みるみる締まるストレッチ&エクササイズ  > 1日10分4メソッドで正月太りを即効解消!  > 2ページ目

みるみる締まるストレッチ&エクササイズ

1日10分4メソッドで正月太りを即効解消!

【第1回】1~2日目:首・デコルテ&ウエスト

始めよう! 横手式1週間プログラム

部位別に2日ずつ集中トレ。ウエストまわりは毎日鍛えよう!

1~2日目:首・デコルテ&ウエスト

 「猫背」「ハト胸」のいずれのタイプともに影響が出やすい首とデコルテまわりにアプローチ。まず、タイプ別のストレッチで緩めてから、エクササイズで引き締める。ウエストも同様に、「緩める」「引き締める」の順番で行う。

(次ページで紹介)

3~4日目:胸・背中&ウエスト

 姿勢の癖が最も表れる「胸」と「背中」にアプローチ。引っ張る、ねじるなどの動きを使い、筋肉の深部まで伸ばす。ウエストのメソッドでも同様に、腹部の体幹(コア)を引っ張る、ねじる動作で緩めて、鍛える。

(次回=第2回で紹介)

5~6日目:脚・ヒップ&ウエスト

 股関節まわりを緩めて引き締め、骨盤と脚部との連動を高める。「猫背はO脚、ハト胸はX脚になる傾向が強い。どちらも骨盤のゆがみが影響している」(横手さん)。ウエストは腹斜筋を引き締めてシェイプしよう。

(次々回=第3回で紹介)

7日目:全身エクササイズ

 脚と腕を使って全身を大きく動かし、引き締める。ワンポーズでチェックした4つの部位がスムーズに動かせるか確かめよう。まだ固い部位があるなら、該当する部位のプログラムに戻り、もう一度入念に取り組もう。

(最終回=第4回で紹介)

首まわりとお腹を引き締め、鎖骨くっきりのデコルテに

 長年の姿勢の癖で、想像以上に筋肉の縮みや疲れを溜めこんでいるのが「首」の周りだ。

 顔がうつむきがちな「猫背」は首前部に縮み癖が。一方、顔を反らしがちな「ハト胸」は首後部に縮み癖がある。首は頭の動きを支えるだけでなく「デコルテのラインや腕の動きにまで影響を与える重要な部位」(横手さん)でもある。

 初めにタイプ別に首の周りを緩めたら、日常生活で不足している“回す”動きで強化しよう。「首がよく動かせるようになると、驚くほど頭や腕が軽くなるため、上半身が自然と大きな動きになる」(横手さん)。

 さらに、ウエストのメソッドでは、股関節と太ももを中心とする脚部から、腹部の体幹にアプローチ。脚を上げて腹筋を行うことで怠け癖がついたお腹に刺激を与えて目覚めさせる。

 翌日に行う同じメソッドが楽に感じられたら、それだけ狙った部位に効いている証拠だ。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.