日経グッデイ

「いい夫婦の日」を機に考えたい!オトナの性

男性の更年期って?パートナーをチェック

男性の更年期、症状は?~オトナの性の疑問&悩みに答えます

年齢と共に男性にも変化が訪れます。たとえ夫婦でも、中年期の男性の心理変化や性機能の衰えについては、なかなか踏み込みにくいもの。とまどうこともあるのではないでしょうか。パートナーとの絆を深めるためにも、男性の性について知っておきましょう。

Q:男性にも更年期ってあるの?

A:男性にも更年期があります。症状は女性とほぼ同じ

 男性にも女性と同じように更年期があります。

 女性の更年期は、女性ホルモンが急激に減少することで、不定愁訴が起こりますが、男性の場合も発症の仕組みはほぼ同じ。医学的には加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)と呼ばれ、性腺機能が衰えて男性ホルモンの分泌が低下することで、様々な不調を引き起こします。

 女性ホルモンは閉経前後の10年で急激に減少します。これに対し、男性の場合、男性ホルモンの分泌は20歳前後でピークになり、その後ゆるやかに減少していきます。

 もともと男性ホルモンの分泌量は個人差があるため、男性の更年期障害発症は40代後半から60歳前後まで、かなりばらつきがあります。一般に女性より少し遅い年代で現れることが多いようです。還暦を前に、ちょうど壮年期から老年期へ移行する時期に体の不調も現れます。

加齢に伴う男女のホルモン分泌量の変化(イメージ図)
[画像のクリックで拡大表示]
女性ホルモンの分泌は30歳まで徐々に増えていき、40代後半で急降下。閉経前後の10年間で激減する。一方、男性ホルモンは20歳前後でピークを迎え、その後はなだらかに減っていく。ホルモンの変化率が高いほど、不定愁訴が出やすい。

 症状も女性とほぼ同じ。疲労感や筋力の低下、肩こり、めまい、発汗、動悸や息切れ、のぼせといった身体的な症状。これは自律神経失調症と似ています。

 また、やる気の減少や不安感、イライラ、不眠、記憶力の低下といった精神神経的症状も起こります。勃起障害や性欲の低下なども男性更年期症状の一つです。さらに、男性ホルモンが減ることで、糖尿病や心筋梗塞などの病気のリスクが高まることも分かってきています。

 男性ホルモンは加齢に伴って徐々に減るだけでなく、ストレスなどが原因で減少が加速することもあります。ストレスを感知すると、脳の視床下部がストレスホルモンであるコルチゾールを分泌するよう指令を出します。これが下垂体から出ている、精巣からの男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促すホルモンを抑制してしまうため、結果的に男性ホルモンの分泌が減ってしまうのです。

 症状が強く出るか出ないかは個人差がありますが、必ず誰にでも起きること。そのときには自覚がなくても、ある程度時間がたって症状が改善してから、「あのときは更年期だった」と気が付く人も多いようです。

 症状がひどい場合は、病院で男性ホルモンの検査を受けることもできます。血液検査で、血中のテストステロン濃度を測定し、数値が低いときは男性ホルモンの補充療法なども受けられます。

[画像のクリックで拡大表示]
質問1あるいは2が「YES」の場合、それ以外の8問中3問が「YES」の場合、男性ホルモンの低下が考えられる。性欲や勃起力の低下はズバリ男性ホルモンの減少。そのほか、「運動能力の低下」や「身長が低くなった」など、一見、関係なさそうなことにも男性ホルモンの影響が出る。(男子更年期診断の質問票:J Lab Clin Med.2000 ay;135(5):370-B, 日本語訳:札幌医科大学医学部泌尿器科学講座より編集部で改編)
日経ウーマンオンライン2015年8月21日付け記事からの転載です。