日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 健康本イッキ読み!  > 米国のIT起業家が大枚はたいてたどりついた究極の食事術とは?
印刷

健康本イッキ読み!

米国のIT起業家が大枚はたいてたどりついた究極の食事術とは?

デイヴ・アスプリー著『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』

 福光 恵=ライター

 出世レースから脱落したことをきっかけに、ダイエットに打ち込むようになった、とある大企業の管理職氏を取材したときのこと。その理由を、氏はこんなふうに説明した。

「会社は裏切るけど、ダイエットは裏切らないからね」

 10代から数々のメソッドを試し、ダイエットがライフワークになりつつある自分も、これには大きくうなずいた。そうそう、ダイエットは一種の自己実現。しかも、成果は容赦なく目に見える。どんなダイエットメソッドでもストイックに取り組めば、必ずシェープアップというご褒美が出るし、ちょっとでも怠ければ、体重増という罰が下される。

 「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の作者、デイヴ・アスプリー氏も、そんなダイエットという自己実現に魅せられた一人だと思う。

 1970年生まれ。本業は、シリコンバレーでは知られた大金持ちのIT起業家、投資家。15年間にわたって30万ドルもの資金を投じてダイエットを研究し、たどりついた「完全無欠ダイエット」をまとめたのがこの本だ。

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー著/栗原百代 訳/ダイヤモンド社/1600円(税別)

 それも自分の「ローカーボ(低炭水化物)からココアダイエットに浮気」みたいなダイエット研究とはワケが違う。持ち前の探究心とハック精神で、脳施設からチベットの僧院までを探索するかたわら、世界の有数な医学博士、化学者、栄養士などの研究を収集。星の数ほどあるダイエットメソッドを検証しながら真実を模索し、140キロあった体重を毎日500gずつ減らすことに成功している。おまけにIQが20もアップするというご褒美付きだ。

 その食事法は、食材の選び方から、食べるタイミング、調理法、調味料の選び方、使い方まで、具体的なレシピとともに、うるさいほど詳細に紹介。低炭水化物ダイエットを体内のカビ毒という観点で論じたり、大豆製品を否定するなど、独自の新説も数多く紹介されているものの、科学的裏付けやフィールドワークによるバックアップで、トンデモ色はあまりない。つまり、読者を納得づくでやる気にさせる良ダイエット書だと思う。

 紹介されるメニューが細かすぎて、MCTオイルなど、簡単に入手できないマニアックな食材がたびたび出てくるのはちょっと難点だが、自己実現の山は、高ければ高いほど登りがいがある。ずぼら派ダイエッターの自分は、読んだだけで挫折したが、将来本気を出すときにまた、開いてみたいと思う。

福光 恵(ふくみつ めぐみ)
ライター
1960年東京都生まれ。獨協大学外国語学部卒業後、展覧会企画会社やギャラリーで勤務。30歳でライターに。以降、美術、グルメ、アウトドア、犯罪、芸能、パソコン、経済、ペット、ファッション、車など、さまざまな専門分野を目指すが、ことごとく挫折。現在、専門なしのライターとして週刊朝日(構成)、日経 新聞プラス1、日経BPネットなどで連載中。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.